ナンパなんてしてくるから-2

 

とてももどかしい刺激なのに、仁美にさわられているというだけで、すごく気持ちがいい。

 

仁美は呆然と突っ立っている俺のズボンを下げ、先走りでシミのできているトランクスも足首までひきずりおろした。

 

ぶるんっと勢いよく飛び出した俺のちんぽは、腹につくくらいに反り返っていて、先走りでてらてらと光っている。

 

俺の足元でひざ立ちになった仁美は、俺を上目づかいで見上げながら、細くて長い指で俺のちんぽをそっと包み込んだ。

 

ナンパなんてしてくるから-2

 

ゆっくりと上下に手を動かしながら、手からはみ出ている亀頭に舌をはわせる。

 

想像以上にいやらしい仁美のフェラチオ顔に、俺はすぐに射精感を感じてしまった。

 

「もう射精しそうだ・・・はなれて・・・。」

 

仁美に顔射するとか、口内発射するなんて、思ってもみなかったので、俺は仁美にフェラチオをやめるようにいった。

 

でも、仁美はいっそう熱心に俺のちんぽをフェラチオする。

 

「だめだ・・・出る・・・精液が・・・。」

 

ずっとこらえていたが、俺は射精を我慢しきれず、仁美の口の中に口内発射してしまった。

 

ナンパなんてしてくるから-2

 

仁美はナンパした後に、唇についたチョコレートソースを舐めていたように、舌でぺろりと唇についた俺の精液を舐めた。

 

それをみたとき、俺の頭の中は真っ白になり、いきなり仁美をベットに押し倒した。

 

服を脱がすのも、自分の服を脱ぐのももどかしく、俺の精液の味のする仁美の唇をむさぼり、おっぱいをしゃぶり、パンティを脱がせた。

 

「あっ・・・やだ・・・そんな・・・。」

 

M字に足をひろげて、おまんこをべろんべろんと舐めまくる。

 

ナンパなんてしてくるから-2

 

俺のよだれと仁美の愛液でじゅうぶんに濡れたところで、仁美の膣口に亀頭をあてがった。

 

「入れるぞ・・・入れてもいいよな?」

 

仁美は上気した顔を俺をみたが、恥ずかしそうに、

 

「いいよ・・・おちんぽ入れて・・・。」

 

とささやいた。

 

ナンパなんてしてくるから-2

 

一気に奥までちんぽを入れた仁美のおまんこは、いままでナンパしてきたどんな女のおまんこよりも俺のちんぽにがっちりとフィットしていて、一度フェラチオで射精してなければ、瞬殺ものの気持ちよさだった。

 

俺はやっと仁美とセックスして、ひとつになれた喜びをかみしめながら、仁美の最奥に精液を射精した。

 

ナンパなんてしてくるから-2

 

もう俺はナンパすることはないだろう。

 

仁美に振られない限りは・・・。



トップへ戻る