こんなところで放尿してると-2

MENU

こんなところで放尿してると-2

 

直人くんの足元に跪いて、硬く勃起したちんぽをしゃぶらされていると、疼いたおまんこがよだれのようにだらだらと愛液をたらして、すごく切ない気持ちになった。

 

こんなところで放尿してると-2

 

我慢しきれずに、自分の手でおまんこをいじって、オナニーしてしまう。

 

「フェラチオしながら、オナニーですか?とんだ淫乱だなあ。」

 

呆れたように揶揄されても、口の中の硬いちんぽをおまんこに咥えこみたいっていう気持ちが抑えきれなくて、たまらなかった。

 

「ね・・・もう・・・ちょうだい・・・直人くんのちんぽ・・・。」

 

「おねだりするなんて、はしたないなあ。自分でおまんこに咥えこんでくださいよ。」

 

砂浜に脚を伸ばして座った直人くんに跨って、私はかぱっと脚を開いて、おまんこにちんぽを咥えこもうとした。

 

「あーあ、おまんこがちんぽを咥えてくのがまるみえ。恥ずかしくないんですか?」

 

「恥ずかしい・・・恥ずかしいけど・・・。もうほしくて我慢できないの!」

 

こんなところで放尿してると-2

 

ずずっと根元までちんぽを咥えてしまうと、じーんした満足感がおまんこの奥から体中に広がった。

 

でも、それで満足できたのは一瞬だけで、すぐにもっと強い刺激がほしくなってくる。

 

直人くんの引き締まった体にすがりつくようにして、動いてくれるのを待っても、全然、何もしてくれない。

 

「美里先輩のおまんこ、すごくキツくて、きゅっきゅっちんぽをしめつけてきますよ。何もしなくても、このままで射精できそう・・・。」

 

物欲しそうな私の顔を愉しそうにみつめながら、直人くんがつぶやく。

 

「やだぁっ・・・イっちゃダメ・・・もっと・・・気持ちよくしてぇ・・・。」

 

私が上目づかいでおねだりすると、ようやく直人くんはずんずんとおまんこを突き上げてくれた。

 

「全く、美里先輩がこんな淫乱だったなんてね!」

 

どんなに罵られても、おまんこが気持ちよすぎて、どうでもいい。

 

「あっ・・・あっ・・・イきそうっ・・・。」

 

直人くんの耳元でささやくと、直人くんの動きはぴたりと止まってしまった。

 

「うそ・・・どうしてぇ・・・?」

 

「これから僕の性奴隷になるなら、イかせてあげますよ。いくらでも、ね。」

 

いじわるそうな笑顔でいわれて、私はぞくぞくしながら何度も頷いた。

 

「ダメですよ。ちゃんと言葉で誓ってくれなくちゃ。」

 

「なります・・・。性奴隷でもなんでも!だから、イかせてっ!」

 

こんなところで放尿してると-2

 

すぐに激しく突き上げられて、嵐のような絶頂が私を真っ白にした。

 

気持ちよくて・・・体がふわふわで・・・何もかもどうでもいい・・・。

おすすめ無料サンプル動画

素人お漏らし(失禁)スペシャル66人4時間

 

 

緊張と羞恥の失禁面接

 

 

カメラの前でおしっこする女2 67人72発!

 

関連情報

オーガズムスポット