開放感と羞恥と興奮-2

MENU

開放感と羞恥と興奮-2

 

こっちに向かってびんびんに勃起しているちんぽを眺めながら、おまんこをぺろぺろと舐められて、私は寒さと快感で体を震わせた。

 

「いつでも放尿してくれていいよ〜!」

 

開放感と羞恥と興奮-2

 

クリトリスを舌で転がしながら、裕也はわくわくした口調で私に放尿を催促した。

 

私は放尿したら裕也の顔にかかるのがわかっていて、簡単に放尿できるほど、無神経じゃない。

 

放尿できない私にじれた裕也は、舌でつんつんと尿道あたりとつつきはじめた。

 

「ダメ!そんなことしたら、漏れちゃう!」

 

「いいから、おしっこ漏らしてよ。思いっきり放尿していいから!」

 

裕也の舌の動きに誘われるように、私は放尿してしまった。

 

開放感と羞恥と興奮-2

 

じょぼぼぼというおしっこの音と、もわっと湧き上がる湯気とニオイ。

 

開放感と羞恥と興奮で、アタマがぐちゃぐちゃになって、雫さえも舐め取るような裕也のクンニに軽くイってしまった。

 

裕也の勃起ちんぽも、先走りをたらしてぬるぬるになっている。

 

「ねえ、有紀、今度は騎乗位で俺のちんぽ、咥えこんでよ。」

 

私もおまんこが疼いていたから、素直に騎乗位でおまんこにちんぽを埋め込んだ。

 

開放感と羞恥と興奮-2

 

裕也のちんぽはいつもよりも硬くて、おまんこの中でぴくぴく跳ねている。

 

私のおまんこも放尿の興奮で敏感になってて、すごく反応してるみたいだ。

 

おしっこで顔を汚した裕也が上半身を起こして、座位になった。

 

ぎゅっと抱きしめられて、自分のおしっこが汚いって思いながらも、肌の温かさにほっと和む。

 

「有紀の放尿、すっごくよかったよ。こっそり妄想してたんだけど、それよりずっとよかった。」

 

裕也はまだ興奮した様子で、私の耳元に恥ずかしいことをささやく。

 

自分の放尿を妄想されていたのかと思うと、おまんこが勝手にきゅんとしまった。

 

「有紀も放尿して、興奮してるんじゃない?いつもよりおまんこがひくひくしてる。」

 

乳首をいじくりながら、裕也が腰を振った。

 

開放感と羞恥と興奮-2

 

「知らないっ!・・・んっ!」

 

しらばっくれようとしたら、おまんこの奥をずんって突かれて、あえぎ声が漏れた。

 

「きっと有紀も放尿すると興奮するタイプだよ。だって、おまんこがとろとろになってるもの。」

 

裕也は私の両足を肩にのせて、より深く繋がった。

 

動かなくても、おまんこの奥までちんぽが届いて気持ちいいのに、ずんずんされると、すっごく気持ちいい。

 

バスルームにあえぎ声とかくちゅくちゅっていう音が響くのも、私を興奮させて、裕也の首にしがみつきながら、イってしまった。

 

開放感と羞恥と興奮-2

 

「イっちゃった?俺もそろそろイかせてもらおうかな。」

 

ラストスパートをかけられて、私は悲鳴じみたあえぎ声をあげながら、感じまくった。

 

中出しされた精液が結合部からにじみ出て、さらにいやらしい水音を立てる。

 

「全然萎えないから、このまま、抜かず二発だね。」

 

どっちかというとセックスには淡白だと思っていた裕也が抜かず二発なんて、信じられない。

 

開放感と羞恥と興奮-2

 

私は放尿パワーのすごさを思い知らされながら、これはこれでアリかもって思っていた。

おすすめ無料サンプル動画

素人お漏らし(失禁)スペシャル66人4時間

 

 

緊張と羞恥の失禁面接

 

 

カメラの前でおしっこする女2 67人72発!

 

関連情報

オーガズムスポット