顔に放尿するっていうバイト-2

MENU

顔に放尿するっていうバイト-2

 

男の人はソファーに寝そべって、顔のところに跨るようにいった。

 

普通におまんこをみられるだけでも恥ずかしいのに、顔の上に跨るなんてムリ!ってためらっていたら、ぐいっと手を引かれて、強引にのせられた。

 

顔に放尿するっていうバイト-2

 

「暗くてよくみえないから、スカート持ち上げて。」

 

自分の手でスカートをまくりあげて、おまんこをみられるのは、ものすごく恥ずかしくて、顔が真っ赤になった。

 

「処女のおまんこはやっぱりいいニオイがするね。若返りそうだよ。」

 

ふんふんとおまんこのニオイを嗅がれて、羞恥で体が熱くなってくる。

 

「俺がこうやって腰を支えていてあげるから、おしっこしてみて。」

 

ウエストのところを両手でがっちりと掴まれて、顔の上でおしっこするように命令されてしまった。

 

放尿とかありえないし、聞き違いかなって硬直してたら、おまんこをぺろって舐められちゃった。

 

くすぐったさと気持ちよさで、体が飛び上がっちゃって、でも、両手で腰を掴まれているから、あんまり逃げられなくて、さらにおまんこをクンニされる。

 

顔に放尿するっていうバイト-2

 

「おしっこ!放尿してほしいんだよ。もしかして、放尿するのもはじめてなの?」

 

「ほ、放尿なんて、できません!」

 

クンニしながら、放尿を要求してくるなんて、どんな変態なんだって呆れながら、私は放尿を拒否した。

 

「放尿してくれないなら、バイト代払えないよ?みんなしてるんだし、おしっこするくらい、いいじゃない。」

 

そういわれて顔をあげると、他の女の子達は放尿したり、フェラチオしたり、バックでちんぽを入れられてあえいだりしていた。

 

「俺は君にフェラチオさせたり、処女を奪ったりしないからさ。せめて放尿だけはしてくれよ。」

 

ちゅぱちゅぱとおまんこを吸われているうちに、ちょっとおしっこしたくなってきてしまった。

 

放尿するだけで許してもらえるなら、仕方ないかなって気になってきて、

 

「わかりました・・・。放尿します・・・。」

 

おまんこから力を抜いて、思い切って放尿した。

 

顔に放尿するっていうバイト-2

 

じょろろろって、思ったよりいっぱいおしっこが出て、勢いよく男の人の顔を汚した。

 

男の人は私が放尿したおしっこを口で受け止めているみたいで、ごくごくと普通に飲んでる。

 

おしっこが止まっても、舌でぺろぺろときれいにするように舐められて、このままセックスしてもいいかなって思っちゃった。

 

なのに、男の人は私が放尿しただけで満足したみたいで、あっさりとお金をくれて解放されて・・・。

 

他の女の子みたいに、もっとエッチなことしたいなって思いながら、自分からいう勇気はなくて、家に帰ってから何回もオナニーした。

 

顔に放尿するっていうバイト-2

 

今でも、あのとき勇気を出して、

 

「私にもいやらしいことしてください!」

 

っていえてたら、なんて後悔してる。

 

放尿しただけであんなに興奮できたんだから、きっともっと気持ちよくなれたんだろうな・・・。

おすすめ無料サンプル動画

素人お漏らし(失禁)スペシャル66人4時間

 

 

緊張と羞恥の失禁面接

 

 

カメラの前でおしっこする女2 67人72発!

 

関連情報

オーガズムスポット