すっかり淫語使いをマスター-2

すっかり淫語使いをマスター-2

すっかり淫語使いをマスター-2

 

緊張で震えている白くてすべすべのおっぱいに口付けして、舌をはわせると、敏感な里美は立っているのがつらそうなくらいに感じてしまう。

 

「はっ・・・あっ・・・圭介さん・・・。」

 

すっかり淫語使いをマスター-2

 

「なんだ。おっぱい舐められて、もうおまんこ濡らしてるのか?」

 

「は、はい・・・。里美は圭介さんに、おっぱいを舐められて・・・おまんこを濡らしています・・・。」

 

里美は顔を真っ赤にして羞恥に耐えながらも、淫語を口にすることで興奮しているようだ。

 

「どれどれ、おまんこの濡れ具合を確認してやるか。自分の指で拡げてごらん。」

 

里美はちょっと驚いたように目を開いて俺をみたが、すぐに従った。

 

足をできるだけ大きく開いて立った姿勢で、自分のおまんこを指で拡げてみせる。」

 

すっかり淫語使いをマスター-2

 

「ア、里美のおまんこの・・・濡れ具合を・・・確認してください。」

 

恥ずかしさにうつむいた顔を右側に背けて、俺をみないようにしながら、里美はぶるぶると震えている。

 

俺は里美の足元にひざまずいて、濡れて光っているおまんこを覗き込みながら、里美に声をかけた。

 

「里美のおまんこ、今日はずいぶんぐちょぐちょに濡れているなあ。おまんこ、舐めてほしい?気持ちよくして欲しかったら、こっちを向いて、おねだりしなさい。」

 

里美は俺の顔を見下ろして、理性と戦っているようだった。

 

でも、快感に従順な里美は、すぐにかわいい唇を開いた。

 

「里美のぐちょぐちょおまんこ・・・舐めてください。里美を気持ちよくして・・・。」

 

「じゃあ、おまんこを舐めてあげるから、ちゃんとみていなさい。」

 

すっかり淫語使いをマスター-2

 

俺は舌をみせつけるように出すと、れろれろとおまんこを舐め始めた。

 

舐めながら、里美の顔を見上げると、うっとりとしていて、とても気持ちよさそうだ。

 

舐めれば舐めるほど、おまんこからは愛液がたれてきて、舐めとるのが追いつかないくらい濡れている。

 

クリトリスを舐めて、ワレメを何度もなぞるように舐めていると、里美のあえぎ声が大きくなっていき、足ががくがくと震えだした。

 

「次は何をしてほしい?」

 

イく寸前らしい里美のおまんこから顔を離して、里美にきくと、

 

「圭介さんのおちんぽを・・・おまんこに入れてほしいです。」

 

俺は里美をよつんばいの体勢にして、後ろからゆっくりとちんぽを挿入した。

 

すっかり淫語使いをマスター-2

 

「ああっ!圭介さんのおちんぽが・・・おまんこをいっぱいにしていて・・・気持ちいい・・・。」

 

里美はすっかり淫語使いをマスターした。

 

里美が淫乱性奴隷になる日もそう遠くないだろう。



トップへ戻る