露骨な淫語をいいまくって-2

 

舌と指が乳首を責めるのがすごく絶妙で、私は軽くイってしまいそうになった。

 

露骨な淫語をいいまくって-2

 

私がうっとりしてるのをみた幹久は、やっとパンティを脱がせてくれたんだけど、あんまりじらされて、濡れたおまんこが糸を引いちゃってた。

 

「祐実ちゃんって、すごく敏感なんだね。それとも、淫乱?」

 

幹久がしゃぶりつくようなクンニをはじめたから、私の返事はあえぎ声になってしまった。

 

「ああんっ・・・イイっ!・・・気持ちいいの・・・あんっ!」

 

幹久の舌がなぞるようにやさしくなったり、えぐるように力強くなったりしながら、私のおまんこをクンニしていて、めちゃくちゃいいの。

 

露骨な淫語をいいまくって-2

 

「祐実ちゃんのおまんこ、もうトロトロだね。すごくおいしそうになってるよ。」

 

指でくにくにとおまんこを拡げたり閉じたりしながら、幹久が私の顔を覗きこんだ。

 

両手で幹久の顔を引き寄せて、ディープキスすると、幹久の指が私のおまんこに入ってきた。

 

そのまま指を出し入れされると、気持ちよすぎて息が苦しいくらいなのに、幹久は私の舌に自分の舌を絡めるのをやめてくれない。

 

「やだぁっ・・・もうほしい・・・。」

 

「何がほしいの?」

 

幹久はじっと私の顔をみながら、淫語をいわせようとする。

 

いつもなら平気でいっているのに、淫語をいうのが、すごく恥ずかしくて、顔が真っ赤になってしまった。

 

「幹久くんの・・・おちんぽ・・・。」

 

私がなんとか淫語でおねだりすると、幹久は私の手のひらに、勃起したちんぽをのっけた。

 

「はい。俺のちんぽ。どーぞ?」

 

先走りがぬるぬるしているちんぽはちょっと黒光りしてて、すごくおいしそうだけど、フェラチオしてる余裕なんかない。

 

「違うよぉ・・・幹久くんのおちんぽ、私のおまんこに入れてぇ。」

 

「ちゃんといってくれなきゃ、わかんないよ。」

 

にやにやしながら、幹久は私のおまんこにちんぽを突き刺した。

 

露骨な淫語をいいまくって-2

 

すっごい充実感が私のおまんこを満たして、ああ、セックスってこんなに気持ちよかったんだっけって、ため息が漏れちゃった。

 

幹久がちんぽを動かすたびに、私は大きな声で、

 

「いいっ・・・おまんこ・・・すごくいいよぉっ!」

 

とか、淫語いいまくってて、セックスが終わった後、幹久に、

 

露骨な淫語をいいまくって-2

 

「すごかったね。祐実ちゃんが淫語いうと、興奮しちゃって、ペースを抑えられなかったよ。」

 

って嬉しそうに笑われた。

 

幹久がこれからも会ってくれるっていうから、広志とはもう付き合えそうにない。

 

だって、どうせ淫語をいうんだったら、早くイかせるためじゃなくて、もっと感じるためにいいたくなっちゃったんだもん。



トップへ戻る