すっかり淫語使いをマスター

すっかり淫語使いをマスター

すっかり淫語使いをマスター

俺には付き合って半年以上になる彼女、里美がいる。

 

里美はなんというかお嬢様で、上品で清楚でおしとやかだ。

 

すっかり淫語使いをマスター

 

俺みたいな普通の中流階級の男と付き合っているのが不思議なくらいのやまとなでしこが、ちょっとしたきっかけで知り合った俺に惚れたのは、何かの間違いだと友人たちにはからかわれている。

 

俺たちは当然、セックスもする。

 

とはいっても、奥手の里美とのセックスまで到達するには、三ヶ月以上のつらく過酷な長い前戯が必要だった。

 

おびえて怖がる里美をなだめすかして、今日はおっぱいをもむ、次の日は乳首をしゃぶる、その次の日はパンティを脱がして、クリトリスをさわる・・・と、本当に少しずつ先に進んでいったのだ。

 

理性を保つために、里美に会う前と会った後には、何度もオナニーしたものだった。

 

今では努力のかいあって、普通の女の子と同じようにセックスできる。

 

普通の女の子より、むしろ従順なくらいの里美は、俺の教えるいやらしいことを着々と吸収していて、フェラチオや手コキなんかも覚えてくれた。

 

すっかり淫語使いをマスター

 

でも、どうしても、恥ずかしがって、淫語は口にしてくれない。

 

里美の口で、ちんぽとかおまんことか、いやらしいことをいってもらえたら、さぞかし、興奮できるだろうと思うのに。

 

俺は里美に、淫語っていうのは、セックスのときには、誰でもいうことで、むしろ、言わないほうが不自然なんだと説得した。

 

最初はちゅうちょしていた里美も、世間一般の女の子は淫語を口にして、彼氏を興奮させるものなんだと何度もきいているうちに、その気になってくれた。

 

俺はわくわくしながら、里美に淫語をいわせるための教育をはじめる。

 

「じゃあ、セックスしようか。これからは俺のいう淫語を繰り返すんだ。さあ、いってみて、セックス。」

 

「セ、セックス・・・。」

 

里美はセックスというだけで、真っ赤になっている。

 

「里美、服を脱いで、里美のおっぱいとおまんこみせて。」

 

「は、はい・・・。里美のおっぱい・・・と、おまんこ・・・みてください。」

 

すっかり淫語使いをマスター

 

羞恥で目を潤ませながら、俺のいう通りの淫語を口にする里美は、かわいくて俺は興奮してきた。

 

里美の乳首は薄いピンク色で、やや小ぶりだ。

 

おっぱいも微乳というか、まだ成長途中という感じのサイズでしかない。

 

でも、そこがかえって、ロリコン傾向のある俺にとっては、たまらない魅力なのだ。

 

すっかり淫語使いをマスター

 

俺の肩に届かないくらいの高さの身長の童顔で無垢な処女だった里美に、いやらしいことをたっぷりと教え込み、俺だけに従順な淫乱性奴隷に育てつつある今の状況は、まるでリアルエロゲーとしかいいようがない。

 

今のところ、俺の処女調教計画は順調に進んでいる。

 

性的な知識や一般常識に乏しかった里美は、俺の話すウソの性知識を信じて、ついに、淫語を口にするまでに成長した。

 

俺は喜びに震えながら、里美のおっぱいに口付けをした。

 

 

すっかり淫語使いをマスター-2



トップへ戻る