ザーメンを手のひらに吐き出す

ザーメンを手のひらに吐き出す

ザーメンを手のひらに吐き出す

「三人分のザーメンを集めてきて。」

 

大学の先輩に命令されて、私はよろよろと部室を出た。

 

ザーメンを手のひらに吐き出す

 

気まぐれなお金持ちのお嬢様のいじめは、だんだんエスカレートしてきて、最近は性的な屈辱を強要するものになってきている。

 

どうやってザーメンを集めようかと困っていたら、ずっと片思いしていた真司くんが声をかけてくれた。

 

「何か悩みでもあるのか?」

 

やさしくされると、思わず泣いてしまいそうになる。

 

でも、なんとか堪えて、三人分のザーメンを集めるように命令されているのを打ち明けた。

 

「まだいじめられてるのか・・・。助けてあげられなくてごめんな。」

 

あのお嬢様には誰も逆らえない。

 

目をつけられてしまった私の運が悪かっただけ・・・。

 

真司くんは私を空き教室に連れ込むと、恥ずかしそうにちんぽを取り出した。

 

中勃ち状態のちんぽを自分でしごいて、ザーメンを出そうとしてくれる。

 

目の前で好きな人がオナニーしているのをみているうちに、私まで興奮してきてしまった。

 

「あの・・・何か手伝える?」

 

「んっ・・・だったら、惠理も一緒にオナニーしてみせて・・・。」

 

手をパンティの中に入れてみると、びっくりするくらいおまんこが濡れていた。

 

ザーメンを手のひらに吐き出す

 

指でおまんこのワレメをいじっていると、私をじっとみていた真司くんが、

 

「それじゃみえないよ・・・。パンティ脱いで、そこの机の上で脚を開いてよくみせて・・・。」

 

私はいわれるままにパンティを脱いで、机の上に座って、脚を開いてみせた。

 

ザーメンを手のひらに吐き出す

 

「惠理のおまんこ、すごく濡れてる・・・。俺のちんぽ、奥まで入れて、惠理のおまんこに俺のザーメン、いっぱい出してやりたい・・・。」

 

はっ・・・はっ・・・と荒い息を吐きながら、真司くんがいやらしいことをいうと、私のおまんこはますますびちゃびちゃに濡れて、指を動かすたびに、いやらしい音をたてる。

 

ホントにそうしてくれたらいいのに・・・。

 

真司くんのザーメン、おまんこの奥に出してほしいな。

 

自分でおまんこをいじりながら、真司くんのオナニーをみていたら、興奮した真司くんが射精してしまった。

 

「はあっ・・・出た・・・。これ・・・どうすればいい?」

 

手をどろりと汚しているザーメンを持っていたペットボトルに入れてもらって、私は真司くんにお礼をいった。

 

「でも、これじゃ一人分だろ?あと二人分のザーメン、どうやって集めるんだ?」

 

「わかんないけど・・・これ以上、真司くんに甘えるわけには・・・。」

 

「惠理が手伝ってくれれば、あと二回くらい射精できるよ。」

 

真司くんが私の手をとって、また勃ちあがってきているちんぽを握らせた。

 

「惠理の手でしごいてみて・・・。」

 

ザーメンを手のひらに吐き出す

 

耳元ではあはあいわれると、おまんこがきゅんっと疼いてしまう。

 

真司くんの手を重ねられて、緩くしごいているうちに、手の中でちんぽはみるみる硬く勃起した。

 

「・・・咥えてくれる?」

 

切なそうな表情で囁かれて、私は真司くんの足元に跪いた。

 

 

ザーメンを手のひらに吐き出す-2

 



トップへ戻る