おなかに熱いザーメンをかけられ2

MENU

おなかに熱いザーメンをかけられ2

私のおまんこのぬめりをかりて、つぷつぷと指をおまんこの奥へと入れられると、私は他人の指の気持ちよさに、思わず声をあげてしまった。

 

おなかに熱いザーメンをかけられ2

 

「ああっ・・・ダメぇ!」

 

拓郎は大きくなっているクリトリスを指で、しゅっしゅっと軽くしごくようにしながら、おまんこに入れた指をずぼずぼと出し入れする。

 

「俺もパイズリしてもらおう♪アイさんのでかおっぱいみたときから、やってみたかったんだよね。」

 

直樹は私の胸の谷間に勃起して先走りをたらしているちんぽを置くと、左右から私のおっぱいをよせてはさんだ。

 

おなかに熱いザーメンをかけられ2

 

「やわらけ〜。あったかくていい感じ。」

 

直樹は腰を動かして、ちんぽをゆすりながら、私のおっぱいを上下にちんぽにこすりつける。

 

「いやっ!やめて・・・。」

 

「おしりまで愛液がしたたってるのに止めたら、またバイブで慰めなくちゃいけなくなるんじゃない?」

 

拓郎が膣に入れる指を増やしながら、アナルに指を軽く埋め込んだ。

 

「勃起乳首、サオにこすりつけると気持ちいい!ザーメンでそう!」

 

パイズリしていた直樹が射精して、ザーメンを私の鎖骨から顔にかけた。

 

おなかに熱いザーメンをかけられ2

 

「いやあっ!顔射するなんてひどい・・・。」

 

「ごめんごめん・・・。」

 

照れくさそうに笑いながら、直樹がティッシュでザーメンをキレイに拭いてくれるが、一度射精したはずのちんぽはまだおさまっていない。

 

「若いオスのザーメンかけられて興奮したんじゃないの?おまんこ大洪水だよ。」

 

冷静な口調でいいながら、おまんことアナルに指を出し入れしている拓郎は、ちゅくちゅくといういやらしい愛液の音を私にきかせた。

 

「すげえ!エロいなあ!」

 

直樹が私のおまんこをのぞきこんで、愛液まみれになっていたクリトリスを口に咥えた。

 

おなかに熱いザーメンをかけられ2

 

「や、やだあ!いや・・・。」

 

クリトリスとおまんことアナルの三点責めで、私はイってしまった。

 

「一回イったし、もうよさそうだね。」

 

拓郎が硬くて太いちんぽを私の濡れ濡れおまんこに突き刺す。

 

「ダメ!入れちゃだめぇ!」

 

必死で抵抗しようとするが、直樹に唇をふさがれて、舌で口内を犯される。

 

自分の愛液の味がほのかにして、私の頭の中は白くなっていった。

 

ぐちゅんぐちゅんとおまんこの方からはいやらしい音が響いている。

 

おなかに熱いザーメンをかけられながら、続けて直樹のちんぽで貫かれ、膣の中にザーメンがほしいと理性が溶け出してきている自分に気がついてぞっとした。

 

おなかに熱いザーメンをかけられ2

 

夫のよりも大きくて太いちんぽに交互に犯されながら、私は結婚して以来ずっと感じていた欲求不満が解消されていくのを感じた。

 

そして、二人の義理の息子が私の肉体に飽きるまで続けられるであろうこの3Pが私の体をどんな風にいやらしく変えてしまうのか、ぞくぞくとした期待と恐怖に胸を躍らせたのだった。

おすすめ無料サンプル動画

ザーメン愛飲家が選定!どしゃぶり発射!!舌上…口内…そして顔面に降り注ぐ特濃精子 70連発8時間

 

 

ザーメン大好きドスケベJK18人のちゅぱちゅぱおくちマ○コ 240分

 

 

ところかまわずフェラさせる男 ところかまわずフェラしちゃう女たち3 20人

 

関連情報

オーガズムスポット