つるんとしたパイパン-2

MENU

つるんとしたパイパン-2

 

「どうせさっき、じっくりみたんだから、隠さなくたっていいだろ?」

 

細い仁美の手首をつかみ、おまんこの前からどけさせる。

 

つるんとしたパイパン-2

 

「早くかゆみがとれるように、おまんこに軟膏ぬってやらないとな。」

 

「最近、おまんこがかゆいの。」

 

と相談されたときには、どうしようかと思ったが、とりあえず、パイパンにして、女性のデリケートなかゆみ用の軟膏をぬって様子をみることにした。

 

お互い浮気してないんだから、性病に感染するはずがないし。

 

「自分でぬれるから大丈夫だよ・・・。」

 

体をよじって逃げようとする仁美をムリヤリベットに押し倒して、足を開かせた。

 

陰毛が黒く縁取っていないおまんこは子供のようなのに、中心が熟れておいしそうに濡れていて、俺は思わず唇を寄せ、クンニしてしまった。

 

つるんとしたパイパン-2

 

「あんっ・・・おくすりぬるんじゃなかったのっ・・・。」

 

仁美が俺の頭を手で押さえて、抵抗してくる。

 

「おまんこが濡れてたら、軟膏が上手にぬれないだろ?だから、愛液を舌で舐め取ってるんだよ。」

 

陰毛がないだけで、いつもよりずっとクンニしやすくて、俺はべろべろと舌でおまんこを舐め続けた。

 

「んぅうっ。舐めたりしたら、もっと濡れちゃうよぉっ!」

 

まったくもってその通りで、仁美のおまんこはびちゃびちゃになっていた。

 

「せっかくパイパンにしたんだから、俺のちんぽを咥えこませてみたいんだよね。」

 

「やだっ!恥ずかしいから、挿れちゃダメぇ・・・。」

 

またしてもおまんこを隠そうとする仁美の白い手に、先走りでぬるつく俺のちんぽをこすりつけてやった。

 

「ほらぁ、仁美のおまんこに挿りたくて、俺のちんぽが泣いてるよ?」

 

「じゃ、じゃあ、挿れてもいいから、みないでね?」

 

「わかったよ。みないからさ。」

 

しぶしぶ仁美は手をどけて、俺のちんぽを受け入れた。

 

つるんとしたパイパン-2

 

ゆっくりとちんぽを挿入すると、おまんこがちんぽを咥えこんでいく様子がすごくよくみえて、いつも以上に興奮する。

 

「あっ・・・俊介くん、みちゃダメっ!」

 

「仁美だってみてるじゃん。仁美のおまんこ、おいしそうに俺のちんぽ呑みこんでいくよな。」

 

「あんっ・・・ああっ・・・俊介くんのおちんぽ、いつもより硬いよぉっ。」

 

つるんとしたパイパン-2

 

パイパンにしたおかげで、ちょっとマンネリ気味だったセックスが新鮮なものになった。

関連情報

オーガズムスポット