パイパンってけっこうイイ-2

 

ちゅぷっとおまんこの中に指を挿れられて、くちゅくちゅとおまんこの中をかきまわされる。

 

「やだもう・・・んっ・・・あんっ。」

 

パイパンってけっこうイイ-2

 

圭吾の指は二本に増えて、ますますおまんこの奥のいいところをこすってくる。

 

「イっちゃうっ・・・イイっ。」

 

私は圭吾の指をしめつけて、イってしまった。

 

「指が喰いちぎられそう・・・。あいかわらず、キツいおまんこだね。」

 

圭吾はさらに、クリトリスを指でくすぐった。

 

イくのがおさまっていないのに、敏感なクリトリスを愛撫されて、つらいくらい気持ちいい。

 

おまんこが何度も痙攣するように、圭吾の指をしめつけてしまうのがわかって恥ずかしかった。

 

「もうそろそろ、ちんぽ挿れちゃおうかな〜。」

 

ちんぽにコンドームをつけた圭吾が、ベットに寝そべった。

 

「せっかくだから、騎乗位で挿れようよ。」

 

もうじれったくてたまらなかった私は、圭吾の体にまたがると、自分からちんぽをおまんこに咥えこんだ。

 

パイパンってけっこうイイ-2

 

「やっぱりパイパンだと、おまんこがちんぽを咥えこんでるのがよくみえるよね。」

 

まるみえになった結合部をいやらしい笑顔を浮かべながら眺めていた圭吾は、いきなりずんっと下からちんぽを打ちつけた。

 

「あんっ・・・んっ・・・。」

 

「ほら、腰を浮かせて、カリ首のところまでいったん出して・・・。」

 

ウエストを圭吾の両手で支えられて、腰を浮かせられる。

 

根元まで咥えこんでいたときよりも、ずっといやらしい光景に体が熱くなった。

 

「ゆっくりとおまんこの奥まで、俺のちんぽ呑みこんでみせて。」

 

圭吾にいわれるまま、腰を浮かせて、また沈めてを繰り返すと、じれったいけど気持ちよくて、私は腰の動きを止められなかった。

 

パイパンってけっこうイイ-2

 

「かわいいよ。おいしそうに俺のちんぽ、しゃぶってるね。」

 

圭吾は上半身を起こして、座位の体勢になった。

 

私は両足を圭吾の腰に絡めて、両手を圭吾の首にまわした。

 

しがみつくようなかっこうで、下から突き上げられていると、気持ちよくてあえぎ声がひっきりなしに出てしまう。

 

パイパンってけっこうイイ-2

 

パイパンで興奮してたのは私も一緒だったようで、いつも以上に気持ちのいいセックスだった。

 

それ以来、すっかりパイパンを気に入ってしまった圭吾は、しょっちゅう私のおまんこの毛を剃りたがってうるさい。

おすすめライブ

ライブチャット ジュエルライブ

トップへ戻る