パイパンからどんどん愛液

俺の彼女の結理はかなりの奥手で、付き合い始めて半年になるのに、セックスまで辿りつけないでいた。

 

ディープキスでは目をとろんとさせてうっとりしているのに、パンティを脱がせようとすると、半泣きで抵抗するのだ。

 

パイパンからどんどん愛液

 

我慢も限界にきた俺は、俺とのセックスがそんなにいやなのかと問い詰めてしまった。

 

結理はぐすぐすと泣きながら、

 

「だって、ないんだもん。」

 

と小声でつぶやく。

 

「コンドームならちゃんと用意してるよ。」

 

大切な彼女にコンドームを使うのは当たり前だ。

 

俺は嫌がる彼女に中出しするような男だと思われていたのかと、ちょっとむっとした。

 

「ち、違うよ。アソコの毛がないの。生えてこないの。」

 

俺は驚いてあんぐりと口をあけた。

 

「前に付き合ってた人に恥毛が生えてないなんて気持ち悪いっていわれて・・・嫌われたくなくて・・・。ごめんなさい・・・。」

 

俺はもう一段階、口が開いてあごがはずれそうになった。

 

「生まれつきパイパンなんて最高じゃない。剃毛プレイはできないかもしれないけど、どうしてもしたければ、脇の毛を剃ってもいいわけだし。」

 

今度は結理が口をぽかんと開けた。

 

「もう半年も無駄にしちゃったよ。溜まりに溜まった俺の性欲と精液をパイパンおまんこで受けとめてもらうからな!」

 

結理を抱きしめて、キスしながら服を脱がせても、もう抵抗しなかった。

 

ずっと脱がせたかったパンティを下ろすと、ものすごく感動した。

 

パイパンからどんどん愛液

 

「ホントにつるつるだ。かわいいね。」

 

「本当に?イヤじゃない?」

 

「結理のおまんこだったら、つるつるでも、もっさもさでもかわいいさ。」

 

俺は結理の足をゆっくりと開いて、結理のおまんことようやくご対面を果たした。

 

「すげー!結理のおまんこ、きれいだなあ。」

 

「ヘンじゃないの?」

 

「おいしそうで、かわいくて、きれいなおまんこだよ。」

 

俺はおまんこに唇をつけて、そっと舌をワレメにはわせた。

 

パイパンからどんどん愛液

 

「や、やだ!そんな汚いよ!」

 

「汚くないよ。結理のだったら、おしっこだって大丈夫さ。うんこはまだちょっと微妙だけど・・・。」

 

結理があきれたように俺をみている隙に、俺は数え切れないくらい妄想してきた結理のおまんこを夢中になってクンニした。

 

「あっ・・・なにこれ・・・すっごく気持ちいいよ・・・。」

 

にゅるにゅるとおまんこに舌が入ってきたり、クリトリスをしゃぶられたりすると、結理はひっきりなしにあえぎ声を出して、俺をさらに興奮させた。

 

「結理のパイパンおまんこ、どんどん愛液がでてくるよ。子供みたいにかわいらしいのにスケベなおまんこだね。」

 

「や、違うよぅ。気持ちいいんだもん・・・。」

 

結理のおまんこが愛液と俺のよだれでぬるぬるになったところで、俺は自分の指をしゃぶって結理のおまんこにそろそろと入れた。

 

「こんなにかわいい結理のパイパンおまんこを気持ち悪いとかいった馬鹿男はさあ、最後までしなかったわけ?」

 

 

パイパンからどんどん愛液-2 >>

おすすめライブ

ライブチャット ジュエルライブ

トップへ戻る