M字開脚でつるつる恥毛-2

MENU

M字開脚でつるつる恥毛-2

 

舌が恥毛にあたらないので、快適にクンニに集中できる。

 

M字開脚でつるつる恥毛-2

 

「あっ・・・ああん・・・やだ・・・。」

 

「いやなの?いつもより濡れてるよ?」

 

ワレメを舌でれろんれろんしながら、濡らした指でクリトリスをいじる。

 

「や、や、もう、いやあ!」

 

足で俺の頭を挟み込んで震えているのは、もうすぐイきそうな証拠だ。

 

「ふーん。そんなにいやならやめる?」

 

俺は由真のおまんこから舌と指をはなして立ち上がった。

 

「今日はおまんこの恥ずかしい毛を剃毛させてもらったから、セックスしなくてもいいよ。由真も緊張して疲れちゃったよな?」

 

もう少しでイくところまでおまんこを刺激されて、突然放置されてしまった由真は、物足りなさそうな表情でぼんやりと俺を見上げる。

 

「風邪引くから、ベットで寝よう?」

 

俺は由真のカラダをバスタオルでぬぐって、ベットに横たえた。

 

俺も横に寝そべり、由真をぎゅっと抱きしめる。

 

「ね、ねえ・・・。お願い、途中でやめないでぇ・・・。」

 

消え入りそうな声で俺にねだる由真は、俺の嗜虐心を思いっきりくすぐってくれる。

 

「どうしてほしいの?ちゃんといってくれなくちゃわかんないよ。」

 

「イかせて・・・由真のパイパンおまんこにおちんぽ入れて・・・。」

 

目のふちに涙を浮かべて、ほほを染めてささやかれると、ただでさえ勃起しっぱなしの俺のちんぽは発射寸前になってしまう。

 

俺は中途半端な愛撫でうずいている由真のおまんこに指を入れて、ぐちゅぐちゅとかきまわした。

 

M字開脚でつるつる恥毛-2

 

「あっ・・・あっ・・・気持ちいい・・・いいの!」

 

由真は素直に快感にカラダを震わせる。

 

由真のおまんこが指を咥え込んでいるのを鑑賞しながら、由真の指をクリトリスにあてがって、自分でいじらせた。

 

オナニーしながらおまんこに男の指を突っ込まれている淫らな少女みたいで、いやらしい。

 

「もうほしいよぉ!おちんぽちょうだい!おまんこに入れて・・・。」

 

イきすぎてひくついているおまんこから指を抜き、ちんぽをぐいぐい押し込む。

 

M字開脚でつるつる恥毛-2

 

狭くてキツい由真のおまんこは俺のちんぽになじむまで、毎回少し時間がかかる。

 

ゆっくりとちんぽをおまんこに押し込んで、おまんこがゆるんでくるまで、パイパンおまんこがちんぽを咥え込んでいるのを楽しむ。

 

興奮して、俺のちんぽがまた少し大きくなった。

 

「あっ・・・おちんぽ大きいよ・・・おまんこいっぱいになってる・・・。」

 

うっとりとした口調で由真がつぶやいて、自分からゆるゆると腰をふりだす。

 

俺もその動きに合わせてちんぽを動かしているうちに、だんだんおまんこにスムーズに出し入れできるようになってくる。
ぐちっぐちっといやらしい音がおまんこからきこえてきて、愛液がどばっとあふれているのがよくみえる。

 

いつも以上にひくついてしめつけてくる由真のおまんこに精液を射精しながら、これからはずっとパイパンでいこうと心に決めたのだった。

関連情報

オーガズムスポット