夢にまでみたパイズリ-2

MENU

夢にまでみたパイズリ-2

 

口ではだめといいながらも、全く抵抗しない結衣さんに俺の舌はさらに執拗にクリトリスやアナルまで丹念に舐めまくった。

 

「は・・・はぅ・・・。」

 

最近兄さんの帰宅は夜遅いから、ずっと放置されていた結衣さんの体は欲求不満がたまっていたのだろう。

 

俺のよだれと愛液で濡れ濡れのおまんこに指を入れると、歓迎するようにひくひくとしめつけてきた。

 

「は・・・あん・・・やだぁ・・・。」

 

夢にまでみたパイズリ-2

 

少し指を動かしただけで、腰をゆらしている結衣さんはもう抵抗する気はないようだ。

 

指を動かしながら、クリトリスをしゃぶっているうちに、結衣さんは指をしめつけて、イってしまった。

 

「や・・・やだ・・・イっちゃう・・・。」

 

俺は結衣さんのおまんこから指を抜き、反り返って我慢汁をたらしている勃起ちんぽを取り出した。

 

それを見た結衣さんは、

 

「い、入れるのはダメ・・・それだけは・・・。」

 

と逃げようとした。

 

「入れないからパイズリしながら、フェラチオしてよ。義姉さんだって俺の指でイったんだから、ちんぽ気持ちよくさせてくれてもいいだろ?」

 

結衣さんは素直に上半身裸になり、おっぱいを俺の前にさらけだした。

 

横たわっていてもなお、これほどのボリュームを保てるおっぱいはすばらしいとしかいいようがない。

 

俺が根元をつかんだちんぽをおっぱいの間に置くと、結衣さんは自らおっぱいを左右から寄せて、ちんぽをはさんでくれた。

 

夢にまでみたパイズリ-2

 

やわらかくあたたかいおっぱいにつつまれた俺のちんぽは、至福の瞬間を迎えている。

 

俺はちんぽを上下に動かして、おっぱいの感触をちんぽで味わった。

 

我慢汁が谷間に流れて、ちょうどいい潤滑油になってくれる。

 

だが、パイズリだけでは、刺激が弱くてイけそうもない。

 

しばらくおっぱいの間でちんぽを動かしていたら、結衣さんが顔をもたげてゆるく唇を開いた。

 

俺は上下に動かしていたちんぽの動きを止めて、結衣さんの唇がちんぽを包んでくれるのをわくわくしながら待った。

 

結衣さんの可憐な唇からかわいらしい舌がそろそろと出てきて、亀頭の先端をちろりと舐める。

 

夢にまでみたパイズリ-2

 

サオを豊満なおっぱいで挟まれ、上気して赤く染まった恥ずかしそうな表情の結衣さんの舌でちんぽの敏感なところを舐められて、思わず射精しそうになるが、かろうじて踏みとどまる。

 

結衣さんは亀頭を口に咥えて、舌でころがしながら、手でおっぱいを動かして、サオを刺激する。

 

勃起した乳首や指が裏筋をかすめるのがかなり気持ちいい。

 

唇と舌がカリを刺激して、俺の射精感はどんどん高まっていく。

 

「もう・・・イく・・・。」

 

夢にまでみたパイズリ-2

 

結衣さんが口を離した瞬間、ぐいっとちんぽを下にさげたので、勢いよく飛び出した精液はおっぱいの谷間から顔まで飛び散った。

 

俺は夢にまでみたパイズリができた喜びと気持ちよさで、もう死んでもいいと思ったのだった。

おすすめ無料サンプル動画

BBB Big Boobs Butt 杏美月

 

 

波風きらの行列のできるパイズリパーティー

 

 

巨乳風呂

 

関連情報

オーガズムスポット