パイズリしづらいもの-2

MENU

パイズリしづらいもの-2

 

口の中にちんぽ全体をしまわれているだけでも気持ちいいのに、舌が絡みつくようにサオを、カリ首を、裏スジを、そして、亀頭を舐めまわす。

 

この後、パイズリが待っていると思わなければ、とても射精を耐えられなかった。

 

気持ちよさで、はあはあと息を荒げている俺を満足そうに見上げた先輩は、ようやくフェラチオを中断して、よだれと先走りでぐちょぐちょになった勃起ちんぽをぽふんとおっぱいで挟んでくれた。

 

パイズリしづらいもの-2

 

「洋介くんのおちんぽ、すっごく硬くて・・・脈打ってるのね。」

 

おっぱいでちんぽを左右からこするようにして刺激しながら、由美先輩は俺の顔をうっとりと見上げている。

 

「由美先輩・・・俺・・・パイズリより・・・セックスがしたいです。」

 

パイズリも気持ちいいけど、普段みられないような由美先輩の表情をみているうちに、ムラムラと贅沢な欲望がこみ上げてきた。

 

「あら。パイズリじゃ、ご不満かしら?」

 

ちろりと舌を出して、亀頭を舐めながら、由美先輩が俺をじらす。

 

パイズリしづらいもの-2

 

「パイズリ最高ですっ・・・でも、由美先輩のおまんこに・・・俺のちんぽ入れたい・・・。」

 

「生意気なコねえ。じゃ、私がいいっていうまで、絶対に射精しないのよ?」

 

由美先輩は、パイズリをやめて、ゆらりと立ち上がった。

 

もう後には引けなくて、

 

「我慢します!大丈夫ですから・・・。」

 

勃起ちんぽの根元を右手でしっかりと掴んだ。

 

俺に背中を向けて、ストッキングとパンティを膝まで下ろした由美先輩は、机に両手をついて、おしりを突き出してみせる。

 

俺は興奮で震える手でタイトスカートをまくりあげて、由美先輩のおまんこに、一気に勃起ちんぽを突きこんだ。

 

パイズリしづらいもの-2

 

前戯する余裕なんて、これっぽっちも残っていなかったけど、由美先輩のおまんこは充分に湿っていて、めりめりと押し開いていくような感触がすごく気持ちよかった。

 

「ああっ・・・すごく・・・ヤバいっ・・・気持ちいいです・・・。」

 

腰を動かすと瞬殺されてしまいそうで、おまんこに根元までちんぽを挿入したきり、動かすことができない。

 

「私も・・・とっても気持ちいい・・・でも、いいっていうまで、射精しちゃダメよ?」

 

やがて由美先輩は、自分から腰を振りはじめて、俺は射精を堪えるのに必死になった。

 

高嶺の花としか言いようがない由美先輩と、ナマでオフィスセックスしてるなんて。

 

この状況だけで、たまらないのに、由美先輩のおまんこの気持ちよさといったら・・・。

 

由美先輩を満足させたら、「次」があるかもしれないという期待だけが、俺の射精をどうにかギリギリで止めている。

 

パイズリしづらいもの-2

 

ああっ、でも、もうマジでヤバい・・・気持ちよすぎて・・・イってしまいそう・・・。

おすすめ無料サンプル動画

BBB Big Boobs Butt 杏美月

 

 

波風きらの行列のできるパイズリパーティー

 

 

巨乳風呂

 

関連情報

オーガズムスポット