パイズリしづらいもの

MENU

パイズリしづらいもの

「ねっ、パイズリしてあげよっか?」

 

二人っきりで残業してたら、由美先輩が俺の方に体をすり寄せてきた。

 

由美先輩は巨乳だし、谷間を強調したファッションをしてるから、いつもついおっぱいに目線がいってしまっていたけど・・・。

 

パイズリしづらいもの

 

パイズリしてほしいとか、そこまで具体的な妄想はしてなかったのに。

 

やわらかな巨乳が目の前に差し出されると、無意識のうちにこくりと頷いてしまう。

 

「洋介くん、素直ねえ。私、素直なコって、大好きなの。」

 

妖艶に微笑んだ由美先輩は、はちきれんばかりの巨乳をかろうじて押さえていたブラウスのボタンをゆっくりとはずしはじめた。

 

俺ののどがごくりとなってしまって、くすっと笑われる。

 

ブラウスのボタンをはずし終わると、ブラジャーのフロントホック部分に手をかけた。

 

由美先輩の両手がブラジャーをはずすと、ぷるるんという音がきこえるような魅惑のおっぱいが、解放されて・・・、俺の顔をぱふっと包み込んだ。

 

パイズリしづらいもの

 

いいニオイ・・・それに、なんてやわらかいんだ・・・。

 

うっとりするあまり、俺はもうちょっとで窒息しそうになってしまった。

 

頬にマシュマロのようなもふっとしたおっぱいの感触を感じながら、両手をそっと由美先輩の腰に回す。

 

巨乳なのに、ウエストがこんなにくびれてるなんて、OLなんてやってる場合じゃないような・・・。

 

俺が由美先輩だったら、グラビア由美ドルか巨乳タレントあたりを目指しているかもしれない。

 

そんなことを考えつつ、由美先輩の巨乳の感触をじっくりと味わっていたら、半開きになった俺の口からよだれがたれて、真っ白なおっぱいを汚してしまっていた。

 

「パイズリ・・・してほしいんでしょ?」

 

まだしゃぶったり、舐めたり、もみまくったり、いろんなことをしてみたかったけど、そうのんびりもしていられないので、素直にがちがちに勃起したちんぽを取り出す。

 

不器用な俺は、勃起ちんぽをファスナーから上手に出せなくて、ベルトをはずして、トランクスをズボンごと足首まで下ろした。

 

「それじゃ、ズボンがしわになっちゃうわよ。」

 

しょうがないなあっていう口調で、俺のズボンを脱がせた由美先輩は、そのまま、俺の足元に跪いて、口をあーんと開いた。

 

「え。もしかして、フェラチオしてくれるんですか?」

 

動揺のあまり、間抜けな質問をしてしまう。

 

「フェラチオされるのイヤ?だって、濡らさないと、パイズリしづらいもの。」

 

俺が返事をするより先に、勃起ちんぽがひくんと上下に動いて、答えてしまった。

 

「ふふっ。洋介くんはおちんぽまで素直なのね。」

 

パイズリしづらいもの

 

由美先輩の唇が開き、俺のちんぽの先っちょから根元近くまで、ゆっくりと呑み込んでいく。

 

「ああっ・・・。」

 

熱くて狭い口内が気持ちよくて、思わず、あえぎ声が漏れてしまった。

 

 

 

パイズリしづらいもの-2 >>

関連情報

オーガズムスポット