気持ちのいいツボはわかりますよ

MENU

気持ちのいいツボはわかりますよ

私が出会い系を使ったのは、イくっていうのがどんな感じが知りたかったから、かな。

 

彼氏とも普通にエッチしてたし、他にも何人かの男性とエッチしたけど、イけたことはなかった。

 

気持ちのいいツボはわかりますよ

 

彼氏に「イった?」ってきかれたら、「うん」って答えるけど、それって思いやりだよね。

 

彼氏とのエッチが気持ちよくないわけじゃないけど、真っ白になるとか、オナニーとは全然違うっていう快感を体験してみたかった。

 

だから、出会い系では年上でテクニックのありそうな男性を中心に探していた。

 

でも、書き込みやメール交換だけじゃ、セックスのテクニックなんてわかんないよね。

 

会ってみようという決心がつかないまま、書き込みを眺めていたら、「ペニスの大きさには自信がない分、前戯でがんばります。イけるまで何時間でも。」

 

という4歳年上の男性・弘人の書き込みをみつけた。

 

男性って自分のペニスが大きいと妙に自信をもっちゃうみたいで、おまんこに入れさえすれば、女はイくだろうみたいに思ってる人が多いけど、痛いだけって場合もよくあるんだよね・・・。

 

私は彼氏の自己中心的なセックスを思い出してブルーになった。

 

ペニスのでかさが自慢の彼は、AVと現実のセックスをごっちゃにしてて、フェラチオさせればおまんこがぬれるだろうとか、乱暴にするほうが興奮するんだろうとか、かなりの勘違いくんだ。

 

あんまりちゃんと前戯をしてくれないから、彼の大きなペニスを挿入されるといつも痛くて、終わった後もしばらくひりひりしてイヤだった。

 

思い切って弘人にメッセージを送った私は、メール交換しているうちに、弘人に今までのセックスでの不満をぶつけるようになった。

 

弘人は性急に会いたいといってくることもなく、私がいままでイヤだったセックスとか、やってみたいいやらしいことなんかを熱心にきいてくれた。

 

私は自分がやってみたいセックスなんて、考えたこともなかったから、弘人に紹介されたエッチなサイトを巡って、イメージを膨らませていた。

 

スカトロは絶対ナシだな。

 

野外露出もちょっと・・・アナルセックスも怖い・・・バイブは使ってみたいかも。

 

気持ちのいいツボはわかりますよ

 

レズ・・・意外と女同士っていうのアリかも。

 

拘束もちょっとときめくけど、初対面だとムリだなあ。

 

今までみたこともないようなエッチなサイトを見ているうちに、私は自分の意外な嗜好を知った。

 

そして、すごく興奮してきた。

 

やっと弘人と会う前の日の夜は、わくわくして眠れないくらいだった。

 

弘人はわりとさわやかな感じの普通の青年だった。

 

でも、なぜか女の子連れだ。

 

弘人の妹だという恵理ちゃんは、かわいらしくていい子だったけど、期待におまんこをうずかせていた私はがっかりだった。

 

ランチを三人で食べ終わると、弘人は何気ない口調で、

 

「じゃ、これからラブホテルに行きます?」

 

といった。

 

妹の前なのに、あまりにさらっというので、私の方があせってしまう。

 

「えっ!?恵理ちゃんはどうするの?」

 

「よければ、恵理もごいっしょに。コイツ、レズなんですよ。」

 

呆然と立ち尽くしている私の腕に、恵理ちゃんが腕を絡める。

 

「美香お姉さま、早くいきましょ。恵理、すっごく楽しみ♪」

 

まるで遊園地にでも誘うようにうきうきした様子で、恵理ははしゃいでいる。

 

近くのラブホテルに三人で入ると、恵理がどんどん服を脱いで素っ裸になった。

 

童顔なのにおっぱいが大きくて、ウエストがきゅっとくびれている。

 

気持ちのいいツボはわかりますよ

 

弘人はちょっと離れたいすに座って、お茶を飲み始めた。

 

とまどっている私の服を恵理がちょっとずつ脱がせていく。

 

「早くっ早くっ。美香お姉さまの裸みせて・・・。」

 

私もすぐに裸にされてしまい、恵理に抱きつかれた。

 

やわらかなすべすべの肌が気持ちよくて、くらっとしてしまう。

 

「美香お姉さま、スタイルいいですね♪」

 

恵理ちゃんほどじゃないっていおうとした口は、恵理の唇でふさがれた。

 

 

気持ちのいいツボはわかりますよ-2>>

 

関連情報

オーガズムスポット