レズセックスではじめての失神

MENU

レズセックスではじめての失神

私が就職した会社には、ろくな男性がいなかった。

 

独身男性はキモ男ばかりだし、既婚男性もお腹の突き出た中年ばかりだ。

 

うちの会社で魅力的なのは、先輩女子社員の由依さんだけで、まるで宝塚の男役のようなきりりとした美形だった。

 

レズセックスではじめての失神

 

由依さんは仕事ができて、頭がよくて、いつも私の失敗をやさしくフォローして、はげましてくれる。

 

彼氏に振られて、べろべろに酔っ払った私を介抱してくれていた由依さんに、

 

「由依さんが男だったら、あんな男と付き合ってなかったのに。」

 

ってグチっちゃったのは、本音だったんだ。

 

由依さんと彼氏をつい比べちゃって、文句ばっかりいってたんだよね。

 

由依さんはわめき続ける私をなだめながら、私のうちまで送ってくれた。

 

一人暮らしの家で、一人になりたくなくて、私は由依さんに、

 

「帰らないで・・・。」

 

と駄々をこねた。

 

由依さんは困ったように微笑んで、うちに泊まってくれた。

 

パジャマがないから、私のTシャツを着て、ベットの横に敷いた布団で由依さんが寝ている。

 

私は妙にどきどきしてきて、目がさえてしまった。

 

「由依さん、そっちに行ってもいいですか?」

 

レズじゃないけど、人恋しくて、私は由依さんにおねだりした。

 

「ん。いいけど・・・。」

 

由依さんの気が変わらないうちに、ベットからお布団にすばやく移動。

 

お布団の中はあたたかくて、由依さんのいい香りがする。

 

お酒の飲みすぎで理性を失っていた私は、由依さんにぎゅっと抱きついた。

 

レズセックスではじめての失神

 

ふっくらとしたやわらかい体は、男とは全然違って癒される感じ。

 

「彩乃ちゃん、私がレズだって知ってて誘ってるの?」

 

由依さんは私の体をきつく抱きしめて、私の顔をのぞきこんだ。

 

「由依さん、レズだったんですか・・・。でも、私、由依さんとなら、レズでもいいかも。」

 

私がそういった瞬間、体がお布団に押し付けられて、由依さんの唇が私の唇をふさいだ。

 

レズセックスではじめての失神

 

「彼氏がいるからがまんしてたのに・・・。もう彩乃ちゃんもレズの仲間入りだね。」

 

男の人の舌よりも、小さくてやわらかい由依さんの舌が私の口の中をじっくりと探っている。

 

舌の裏、歯並びまで確認するみたいに、舌がなぞっていくの。

 

キスってこんなに気持ちよかったんだ。

 

私は早くもレズセックスのとりこになってしまいそうだった。

 

由依さんの細い指が私のパジャマのボタンを器用にはずしていって、パジャマのズボンも脱がせた。

 

タンクトップとパンティだけになった私は、男とのセックス以上に緊張していて、心臓がばくばくいってるのが由依さんに聞こえちゃうんじゃないかと思った。

 

由依さんの手がタンクトップをまくりあげて、ノーブラの私のおっぱいをやさしくおおうように包み込む。

 

レズセックスではじめての失神

 

そのまま、なでるようにおっぱいを愛撫されて、私はくすぐったさと気持ちよさの中間の感覚に声をあげた。

 

「いっぱい声をきかせて。」

 

おっぱいをなでる合間に、指で乳首をこりこりといじられるのも気持ちがいい。

 

 

レズセックスではじめての失神-2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット