赤ちゃんプレイで淫口セクロス

MENU

赤ちゃんプレイで淫口セクロス

勇太が変態だってわかったのは、結婚してしばらくたってからだった。

 

お笑い芸人が赤ちゃんパブに行くっていう話をテレビでみて、

 

「俺もそういうの好きかも。」

 

ってぼそっとつぶやいたのだ。

 

赤ちゃんになりきって、赤ちゃん言葉でしゃべりながら、受身でいろいろされたいらしい。

 

自分の夫が変態だと知ったときの私のショックは、とても言葉では表現できない。

 

変態にもいろいろあると思うのに、よりによって幼児プレイ?

 

いや、赤ちゃんに限定されてるんだから、赤ちゃんプレイか・・・。

 

赤ちゃんパブに行きたいという勇太を止めるために、私が勇太の変態プレイに付き合うことにした。

 

どうせやるなら、徹底的にが私のモットーだ。

 

介護用の大人用オムツを買ってきて、哺乳瓶と牛乳も用意した。

 

やってみたら、あんまり楽しくなかったと勇太が思ってくれるといいんだけど。

 

勇太が服を脱いでベットに横たわったところで、おしりにオムツをあてがう。

 

オムツをするなんて、恥ずかしいとは思わないんだろうか。

 

なんだか嬉しそうにしている勇太をみて、本当に変態だったんだなあと実感した。

 

「勇太ちゃん、おっぱい飲みましょうねー。」

 

残念ながら、子供のいない私のおっぱいは母乳が出せないので、人肌に温めた牛乳の入った哺乳瓶を勇太に咥えさせた。

 

ちゅーちゅーと哺乳瓶を吸っている勇太はうっとりと目を閉じて、とってもしあわせそうだ。

 

こんなにしあわせそうな顔するなら、勇太の変態に付き合うのも悪くないかな、と思った。

 

牛乳を飲み干したところで、うつ伏せにして、背中をとんとんと叩いて、げっぷさせた。

 

あとはどうしていいかわかんなくて、とりあえず、寝かしつけることにした。

 

毛布をかけて、横に添い寝する。

 

勇太がこのまま寝てくれたら、今日の変態プレイはこれでおしまいかなって思ったのに、そんなに甘くなかった。

 

「ママー、おしっこちた。」

 

赤ちゃんがしゃべるのはアリなんだろうか。

 

ていうか、おしっこした?

 

私はあわてて、勇太のオムツを確認した。

 

オムツの中には、おしっこがたっぷりと吸収されていた。

 

にもかかわらず、勇太のちんぽはびんびんに勃起している。

 

興奮するツボがわからないけど、とにかく、オムツを片付けなくちゃ。

 

ぐっしょりと重くなったオムツをビニール袋で厳重に包んで、私は勇太のところに戻った。

 

「ぺろぺろちて♪」

 

 

赤ちゃんプレイで淫口セクロス-2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット