痴漢は男じゃなかった-2

 

「私が痴漢してたせいで、あんな男にまであなたのかわいいおっぱいをさわらせてしまってごめんなさいね。」

 

私をぎゅっと抱きしめて、ハスキーな声で謝ってくる女性の痴漢。

 

謝るポイントはそこじゃないような・・・。

 

私を抱きしめていた手は、次第に下の方におりていって、おしりをやさしくなでているし。

 

あっ・・・またパンティの中に入ってきちゃった。

 

「あの・・・困ります・・・止めてください。」

 

やっとのことで抵抗したのに、キスで唇をふさがれてしまった。

 

痴漢は男じゃなかった-2

 

この人、すごくキスが上手・・・。

 

口の中をやわらかい舌が自由に動き回っていて、それが妙に気持ちよくて、腰が抜けてしまいそうになった。

 

パンティに入ってきた手は、まだ濡れたままのおまんこの中へと侵入していて、より奥へ入り込もうとしてるし。

 

ディープキスと巧みな愛撫で、体に力の入らなくなった私は、女性の痴漢に抱きつくようなかっこうで、しがみついていた。
「かわいい・・・。」

 

女性の痴漢が満足そうにつぶやく。

 

パンティを太もものところまでズラされて、前と後ろから指でめちゃくちゃにおまんこをいじられて・・・。

 

痴漢は男じゃなかった-2

 

私はあえぎ声を漏らさないために、唇を噛んでいた。

 

静かなトイレに響くぴちゃぴちゃという音がいやらしくて、恥ずかしくて、なのに、すごく気持ちよくて。

 

クリトリスをこすられてイきそうになったとき、誰かがトイレに入ってきた。

 

ばたんと隣の個室に入る音や放尿する音がきこえてくる。

 

必死で気配を殺していたら、ドアに手をつかされて、後ろから抱きつかれた。

 

そして、すっかり濡れた私のおまんこに、ぬるっとする熱いモノが押し当てられて・・・。

 

ええっ!なんで女性なのに、おちんぽがあるの?

 

痴漢は男じゃなかった-2

 

私の動揺を無視して、おちんぽは私の中に全部挿ってきてしまった。

 

おっきいし太いよぉ・・・。

 

ゆっくりとおちんぽでおまんこをこすられると、あえぎ声が漏れてしまいそうになって、私は自分の手で口をふさいだ。

 

手を洗う音がきこえて、ようやくまたトイレの中が静かになると、私の耳元で痴漢は、

 

「ごめんね。俺、男なんだ。最後までするつもりはなかったんだけど・・・。」

 

ってささやいた。

 

女装して痴漢とか、信じられない・・・。

 

痴漢は男じゃなかった-2

 

痴漢のちんぽに貫かれて揺さぶられながら、私は次第にあえぎ声をがまんしきれなくなっていた。



トップへ戻る