連続中出し痴漢

MENU

女子大生に連続中出し痴漢

大学に行く途中の電車で、痴漢におしりをさわられた。

 

痴漢の手は、さわるかさわらないかのタッチで、電車の揺れに合わせて動いている。

 

連続中出し痴漢

 

振り返って、痴漢の顔を睨もうとしたのに、後ろから抱きつかれて、身動きがとれなくなった。

 

痴漢の手で腰をがっちりと押さえられて、痴漢の右手が私の太ももをじりじりと上に上っていく。

 

スカートの中に手が入って、痴漢の指先がパンティにふれた。

 

パンティの上から、ワレメを何度も何度もこすられて、おまんこの形がはっきりわかってしまいそうになる。

 

連続中出し痴漢

 

パンティごしに、クリトリスをつままれた。

 

もどかしい刺激が私の体に火をつけてしまったみたいで、私はもう抵抗できなかった。

 

痴漢の手は私のパンティの中に入った。

 

愛液でぬるぬるになったクリトリスを物足りないくらいやさしくこすり続けられて、私はイってしまった。

 

電車の中で痴漢にイかされちゃった・・・。

 

痴漢の指は私のおまんこの中に入ってきた。

 

ああ・・・私・・・すごく濡れちゃってる・・・。

 

私が抵抗しないせいか、腰を支えていた痴漢の手も私のパンティに入ってきた。

 

左手でクリトリスをいじられながら、おまんこを指でこすられる。

 

声を出さないように唇を噛みながら、私は痴漢の指テクに翻弄されていた。

 

「ちょっとあなた、何してるんですか?」

 

目の前にいた知的なサラリーマンが私を痴漢していた男に注意してくれた。

 

なんで今更・・・痴漢に感じまくっていた私は、マジメそうなサラリーマンの親切が迷惑だった。

 

痴漢は私の耳元にささやいた。

 

「彼のちんぽ、さすってあげてよ。途中でやめてほしくないでしょ。」

 

私の手は私が考えるより早く、目の前のサラリーマンのちんぽをズボンの上からさすっていた。

 

「なっ!何を・・・。」

 

驚いてるくせに、逃げないサラリーマンのちんぽは勃起していて、私がさするたびに、さらに大きくなった。

 

「お兄さん、このコのおっぱい、揉んであげてよ。ちょうど手が足りなかったんだ。」

 

痴漢にそそのかされて、サラリーマンはおずおずと私のおっぱいをさわった。

 

私は気持ちよくて、びくんと体を震わせてしまう。

 

「なんだ・・・淫乱なコなんだね。」

 

連続中出し痴漢

 

サラリーマンは大胆になり、服の下に手を入れて、おっぱいを揉みまくっている。

 

私はサラリーマンのちんぽをさすりながら、イってしまいそうになった。

 

「おまんこが俺の指をキツくしめつけてる・・・イきそうなんだ。」

 

痴漢は私の耳をきゅっと噛んだ。

 

感じやすい耳を甘噛みされて、私は体を痙攣させながら、イった。

 

 

連続中出し痴漢-2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット