こんなに気持ちよかったのは-2

こんなに気持ちよかったのは-2

こんなに気持ちよかったのは-2

 

裏筋をつーっと指先でなぞられると、背筋を快感が走り抜ける。

 

「そ、そうです。気持ちいい・・・。」

 

奈緒さんは裏筋を中心に手でちんぽをしごいてくれる。

 

こんなに気持ちよかったのは-2

 

「奈緒さん、そいつ、フラれたばかりで傷心なんだよ。なぐさめてやって。」

 

アイちゃんにちんぽを手コキされながら、先輩がよけいなことをいってくれる。

 

「そうなの・・・。見る目のないコねえ。すぐもっといいコがみつかるわよ。」

 

奈緒さんはやさしくいいながら、ふれるかふれないかのソフトなタッチでスクリューのような回転を加えながら、指先でちんぽを愛撫してくれる。

 

手コキでこんなに気持ちよかったのははじめてだ。

 

俺のちんぽの気持ちよさを最大限に引き出してくれようとする奈緒さんのやさしい手コキは、俺の失恋の傷を癒してくれた。

 

「は・・・気持ちいいです。」

 

「もっと気持ちよくなって。」

 

奈緒さんの手が俺のちんぽに密着し、輪の形にした両手できゅっきゅっとねじるようにちんぽの先から根元までしごかれると、射精感が我慢できなくなってきた。

 

こんなに気持ちよかったのは-2

 

もう精液が飛び出しそう、と思った瞬間、奈緒さんの手の動きが止まり、目を開けると両手でちんぽを包み込んだ奈緒さんがいたずらっぽく微笑んでいる。

 

「射精を何度か我慢した後の方が、気持ちよくなるから・・・もうちょっと我慢してね。」

 

射精感がおさまると、手コキは再開される。

 

一度、射精直前までいってしまった俺のちんぽはすぐにまた、気持ちよくなってしまう。

 

ちんぽにからみつくような奈緒さんの手コキのテクニックは絶品で、我慢しようと思ってもあえぎ声が出てしまう。

 

「かわいい・・・。」

 

奈緒さんはやさしい顔で俺をみつめると、サオを手でしごきながら、亀頭の先にちゅっとキスしてくれた。

 

唇を離すときに、れろっと舌で鈴口を舐めてくれたので、さらに気持ちよかった。

 

こんなに気持ちよかったのは-2

 

「も、もうイきたい・・・。」

 

たまらなくなって、奈緒さんにねだったとき、先輩が、

 

「イく・・・出るよ・・・。」

 

といっているのがきこえた。

 

「もう時間になっちゃったみたいね。」

 

奈緒さんは残念そうにつぶやくと、リズミカルに俺のちんぽをしごきはじめた。

 

奈緒さんほどの手コキテクニックがあれば、イかせるなんてわけないのだろう。

 

俺のちんぽはどんどん追い詰められて、がちがちになった。

 

「でそう・・・イきます。」

 

奈緒さんに報告すると、奈緒さんは俺の亀頭を口に含んで、舌で舐めまわしながら、サオをひねるように手でしごいた。

 

「で、でる・・・。」

 

こんなに気持ちよかったのは-2

 

口内発射してしまった俺は、あわてて奈緒さんに謝ると、にこっと笑った奈緒さんは、

 

「ナイショね。」

 

とささやいた。

 

俺の精液は飲んでしまったらしい。

 

帰りにさんざん先輩にはからかわれてしまったが、奈緒さんのやさしさにふれて、俺は新しい恋をしてみようかなと思うことができた。



トップへ戻る