講義中に手コキなんて-2

MENU

講義中に手コキなんて-2

 

本当に彼を救うためなら、この教授とヤってもいいと思っていた。

 

彼はバカだけど、やさしいし、誰よりも私のことを愛してくれているから。

 

「それなら、服を脱ぎたまえ。裸になって、そこのソファーの上でよつんばいになりなさい。」

 

私は服を脱ぎながら、どんなに賢そうに表面を取り繕っても、この人も結局、ただのオスなんだって思った。

 

講義中に手コキなんて-2

 

自分の性欲を満たすために、陽介のことを口実に、私を脅してる。

 

裸になって、ソファーの上にのり、よつんばいになったら、骨ばった手でおしりを撫でられた。

 

「どうせあの男とは、淫らな行為をヤりまくっているんだろう?おまんこもアナルも、ゆるゆるなんじゃないか?」

 

アナルを指先で突かれて、私は体をすくませた。

 

アナルセックスどころか、陽介にはアナルなんて、さわられたこともないのに。

 

「そんなこと・・・してません・・・。」

 

「本当かな?どれ、おまんこを拝見するか。」

 

冷たい指が私のおまんこを左右に大きく開いた。

 

講義中に手コキなんて-2

 

「ほほう。ヤりまくっている割には、きれいなおまんこだな。しまりも・・・まずまずだ・・・。」

 

ごつごつした指が、おまんこの中に入ってきて、私のおまんこの中でぐるりと回った。

 

「クリトリスはずいぶん、大きいね。清純そうなみかけに似合わず、君はとても淫乱なようだ。」

 

爪でかりかりとクリトリスをひっかくようにされて、私は唇を噛んだ。

 

あえぎ声なんて、絶対にあげるもんか!

 

「ああ、そうだ。彼氏に強要されていたぐらいなんだから、君は手コキが上手いんだろう?やってみせてくれないか。」

 

教授は中勃ち状態のちんぽを取り出すと、私に手コキを強要した。

 

臭いのキツさも大きさも陽介以上で、私の手の中でがちがちに硬く勃起していく教授のちんぽが怖くてたまらなかった。

 

「どうした?もうおまんこにほしくて仕方ないのか?僕の膝にのって・・・そう・・・自分のおまんこに、咥え込むんだ。」

 

教授のちんぽが、めりめりと私のおまんこを押し拡げながら、入ってくる。

 

講義中に手コキなんて-2

 

「ああ・・・気持ちいいよ・・・キツくて、よくしまる最高のおまんこだ。」

 

教授は私のおまんこをちんぽで貫きながら、顔中にキスしてきた。

 

根元まで突き刺したところで、ずんずんと子宮の奥を突き上げてくる。

 

あえぎ声を我慢するなんて、全然、ムリだった。

 

「彼氏のちんぽより、気持ちいいかい?」

 

「いいですぅっ・・・ああっ・・・硬くて・・・おっきいっ・・・。」

 

「君が彼氏と別れるなら、いつでも抱いてあげるよ。」

 

「あんっ・・・あうっ・・・別れますっ・・・別れますから、・・・もっと気持ちよくしてぇっ・・・。」

 

講義中に手コキなんて-2

 

ちんぽが立派なだけじゃなく、技術も持久力も、陽介とは比べ物にならなかった。

 

あまりの気持ちよさに、私の頭の中からはすっかり陽介のことなんか消えちゃってて・・・この快感がもっと味わえるなら、何でも教授のいうことをきくって思ってた。

おすすめ無料サンプル動画

痴女エステシャンに前立腺、アナル責めされながら手コキされ思わず発射して潮まで吹いた客 DX3時間30分

 

 

W手コキ射精ハーレム

 

 

何も言わずに突然発射!!素人びっくり暴発手コキ

 

関連情報

オーガズムスポット