手コキするのに疲れて-2

MENU

手コキするのに疲れて-2

 

私のおまんこから愛液があふれだすと、ようやく男は腰を振りはじめた。

 

じれったいくらいゆっくりと、ほんの少しずつ。

 

手コキするのに疲れて-2

 

唇で首筋をこすられたり、耳たぶを甘噛みされたりするうちに、私もつい感じてきてしまう。

 

「んっ・・・あっ・・・はんっ・・・。」

 

「なあ、アンタ、プロだよな。俺より先にイったら、一晩付き合ってくれないか?」

 

笑いを含んだ声で挑発されて、負けず嫌いの私はのってしまった。

 

確かにお客を一度もイかせていないのに、私が先にイかされてしまうなんて、プロ失格だ。

 

「いいわよ。一晩といわず、あなたの好きなだけ付き合うわ。」

 

「へえ。それは嬉しいねえ。」

 

男は今までとはうって変わって真剣な口調でつぶやくと、力強く腰を突き出した。

 

突然、ずんっとおまんこの奥まで突き上げられて、下半身に衝撃が走る。

 

「あんっ!」

 

「どこが一番感じるのかな。乳首もなかなかの感度だったけど、やっぱりクリトリスかな。」

 

男のごつい指が私のクリトリスを捉えて、くすぐりはじめた。

 

手コキするのに疲れて-2

 

おまんこの中で動いていたちんぽも、クリトリスの裏側を集中的にこすっている。

 

「やっ・・・そんな・・・ウソ・・・。」

 

ぞくぞくとした快感が拡がっていって、ちょっとずつ強くなってくる。

 

「まだイかせないよ。イかせてほしいって自分からねだるまで、ずっとこのままだ。」

 

男はその言葉通り、私がイきそうになると、絶妙なタイミングで動きを止めた。

 

次第にその感覚は短くなり、ちょっと動いては止まり、また少し動くのを繰り返す。

 

イけないもどかしさでじれったくなった私は、賭けのことなんて忘れて、男にねだってしまった。

 

「お願い!もうダメ・・・おかしくなっちゃう・・・イかせてぇ。」

 

手コキするのに疲れて-2

 

やがて訪れた絶頂は、私の下半身を蕩かすかと思うくらい、深くて長かった。

 

一度私のおまんこからちんぽを抜いた男は、私を抱きかかえるようにして、トイレを出た。

 

「これでアンタは俺の専属になったわけだ。ホテルに着いたら、足腰が立たなくなるまでヤりまくるから、覚悟しろよ。」

 

愛液があふれてじんじんしている私のおまんこは、男の言葉を悦ぶようにひくひくと収縮している。

 

前戯だけでこんなに気持ちいいなんて、これからどんなステキなセックスが待っているんだろう。

 

手コキするのに疲れて-2

 

タクシーの後部座席で、膝をもじもじとこすり合わせながら、私はホテルに着くのをもどかしい思いで待っていた。

おすすめ無料サンプル動画

痴女エステシャンに前立腺、アナル責めされながら手コキされ思わず発射して潮まで吹いた客 DX3時間30分

 

 

W手コキ射精ハーレム

 

 

何も言わずに突然発射!!素人びっくり暴発手コキ

 

関連情報

オーガズムスポット