上手く手コキできない

直也があんまり好きだとうるさいから、手コキしてやったら、しょっちゅう手コキをせがんでくるようになった。

 

しつこいので、「一回三千円で手コキしてあげる」といったら、本当にお金を渡された。

 

そこまで私に手コキされたいっていうんなら、手コキくらいしてやるかと思って手コキしたら、二日に一回くらいのペースで手コキを頼んでくる。

 

上手く手コキできない

 

いくらなんでもお金使いすぎだろって、気持ち悪くなった。

 

「直也、アンタ、なんでそんなお金持ってるのよ?」

 

「・・・バイトしてるから。」

 

よくみると、直也はちょっとやつれてるみたいだし、筋肉がついたようにもみえる。

 

「馬鹿?もうこんなのやめよっか。倒れられても困るしね。」

 

呆れた私がいうと、直也は怖いくらい真剣な目で私に迫ってきた。

 

「値上げしてもいいから、手コキしてくれよ。手コキがいやなら、素股でもいい。パンティの上からでいいからさ。」

 

上手く手コキできない

 

あまりの必死さに、思わず哀れになってしまう。

 

「モテるくせに、なんで私にこだわるのよ?アンタくらいのルックスなら、いくらでもタダで女とヤれるでしょ。」

 

「菜穂が好きなんだ。菜穂じゃないなら、ヤれても意味がない。」

 

「ふーん。一回ヤらせたら、諦めてくれる?」

 

「・・・それはムリ。」

 

直也は形のいい眉を寄せて、一瞬真剣に考えたみたいだったけど、すぐに結論を出した。

 

「なら、セフレでいい?気が向いたら、セックスしてあげる。」

 

上手く手コキできない

 

「・・・。他の男とはしないでくれるなら。」

 

「アンタ、さりげなく、図々しいわね。ま、いいわ。じゃ、セックスしたくなったら呼ぶから。」

 

私は一週間以上経ってから、午前三時にメールした。

 

「ヤりたくなったから来れば?」

 

ただそれだけのメール。

 

寝ていて気づかないことを期待したのに、直也は30分もかからずに私のうちに来た。

 

「早いわね。シャワー浴びてきなさいよ。」

 

直也がシャワーを浴びている間、私まで緊張でそわそわした。

 

腰にバスタオルを巻いただけの姿で、直也がバスルームから出てくる。

 

しっかりと筋肉がついたたくましい体に、ついどきどきしてしまう。

 

「菜穂・・・。」

 

抱きしめられると、パジャマの上からでも直也の体の熱さがわかる。

 

上手く手コキできない

 

「キスしていい?」

 

真剣な口調できかれて、とっさに、

 

「ダメ!アンタなんてただのセフレなんだから!」

 

拒絶してしまった。

 

「じゃ、唇にはキスしないよ。」

 

直也は私の頬にちゅっとキスすると、耳の中に舌を入れた。

 

 

上手く手コキできない-2



トップへ戻る