顔射する瞬間を見逃さない

「お前、静香に顔射しろよ!」

 

先輩にいきなりいわれて、俺は戸惑った。

 

「あの・・・顔射って、顔に精液をぶっかける、アレ、ですか?」

 

顔射する瞬間を見逃さない

 

「他にどんな顔射があるんだよ?」

 

とっさには思いつかなくて、俺は無言になってしまった。

 

「いいから、早くちんぽ出せ!どうせもう勃起してんだろ?」

 

先輩と静香さんのセックスをずっとみせつけられていた俺のちんぽは、確かに痛いくらいに勃起してしまっていた。

 

「今後の参考に俺と静香のセックスをみせてやる。静香も人にみられると興奮するタチだから、恥ずかしがるフリするだろうけど、実は喜ぶから。」

 

そんな風にいわれて、童貞の俺は逆らえなかった。

 

でも、先輩がセックスしようとすると、静香さんはとてもフリだなんて思えないくらい抵抗して。

 

強姦まがいのセックスをみせられて、罪悪感を感じながらも、興奮してしまっていた。

 

顔射する瞬間を見逃さない

 

それにしても、先輩はサドなんだろうか。

 

どうみても、静香さんは露出狂にはみえないし、自分の彼女に顔射させようとするなんて、とても正気の沙汰とは思えない。

 

内心、ドン引きしていても、先輩には逆らえず、俺は静香さんの目の前で自分のちんぽをしごき始めた。

 

よつんばいになって、後ろから先輩に犯されている静香さんは、苦しそうに眉を寄せていて、とても官能的だ。

 

優しくて大人っぽい静香さんに、密かに憧れていただけに、顔射してその美しい顔を穢すのかと思うと、興奮でおかしくなってしまいそうだった。

 

顔射する瞬間を見逃さない

 

「ごめんなさい・・・ごめんなさいっ・・・。」

 

つぶやきながら、激しくちんぽをしごく。

 

謝りながらも、顔射する瞬間を見逃さないように、俺の目はしっかりと静香さんの顔を凝視している。

 

諦めたように、閉じられた静香さんの目。

 

硬く結ばれた唇。

 

先輩が突き上げるたびに、さらさらと肩から流れ落ちているきれいな黒髪。

 

どうせなら、その黒髪も俺のザーメンの白濁で汚してやりたいと、俺は暗い欲望を抱いた。

 

「ああっ・・・もう出るっ・・・。」

 

俺のちんぽから、どぴゅっとザーメンが飛び出す。

 

顔射する瞬間を見逃さない

 

至近距離から発射されたザーメンは、静香さんの顔にかかって、床に滴り落ちた。

 

顔射しちまった・・・静香さんの顔に・・・俺のザーメンがかかってる・・・。

 

できるなら、写メで撮って、待受にしたいくらい、壮絶にエロい光景だった。

 

ぽたりぽたりと俺のザーメンが、静香さんの顔から滴って、床にシミを作っている。

 

粘着性の高いザーメンは、俺の狙い通り、静香さんの黒髪に飛び散り、黒髪の美しさを強調するアクセントになっていた。

 

この夢のような光景を永遠に目に焼き付けようと、俺はちんぽを握りしめたまま、じっと静香さんの顔を凝視し続ける。

 

無言で固まっている俺を呆れたような口調で先輩が呼んだ。

 

 

顔射する瞬間を見逃さない-2

 



トップへ戻る