かわいい顔に顔射してやろう

MENU

かわいい顔に顔射してやろう

ハゲオヤジが私の顔に顔射すると、社長のバカ息子がはしゃいだ笑い声をあげた。

 

「顔射とかマジすげえー!AV女優みたいだな!」

 

かわいい顔に顔射してやろう

 

精液で汚された顔を手でぐりぐりと撫でられて、口や鼻に精液が入ってしまう。

 

顔射されるだけでも、屈辱的なのに、このバカ息子ときたら・・・!

 

父親の横領を公にしない代償として、私はこのハゲオヤジの性奴隷になった。

 

最初は一人で私を弄んでいたハゲオヤジは、童貞のバカ息子に私を犯させた。

 

バカ息子はハゲオヤジそっくりのブタ野郎で、お金があるにもかかわらず、全然モテない。

 

そのくせ、風俗に行くのはイヤだと妙なプライドを持っていたので、三十歳をすぎても童貞だった。

 

エロ本とAVで得た間違いだらけの知識を私の体で試そうとしてくる。

 

いきなりアナルにちんぽを突っ込もうとしたり、乱暴に手マンしたらイくと思い込んでいたり、本当に救いがたい。

 

ハゲオヤジの方はとにかくねちっこく、顔射とか放尿なんかの女に屈辱を感じさせるプレイを好む。

 

かわいい顔に顔射してやろう

 

毎回必ず、顔射されて、体におしっこを放尿されているうちに、なんかいろいろどうでもよくなってきた。

 

体の汚れは洗えばきれいになるし、どうせコイツらが私に飽きない限り、この性奴隷生活からは逃げられないんだから。

 

せいぜい従順なフリをして、一秒でも早く解放してもらえるように祈るだけ・・・。

 

いつもはハゲオヤジと一緒でないと、私を飼っている部屋には入ってこないバカ息子が昼間から一人でやってきた。

 

ハゲオヤジのいないところで、私を自由に嬲りたいのかもしれない。

 

「なあ、お前のオヤジ、うちの会社の金、しこたま盗んで、若い女に貢いでたんだろ。そのせいで、こんな性奴隷なんかにされて、悔しくないのか?」

 

あんまりマジメな顔できくから、一瞬、逃がしてくれるのかと、期待してしまった。

 

返答に困った私が無言でいると、バカ息子は痛いくらいの力で、私の両腕を掴み、

 

「俺と一緒にここから逃げないか?金ならあるし、不自由させない。ハゲオヤジに弄ばれているなんて、イヤだろう?」

 

駆け落ちを提案してきた。

 

ハゲオヤジの力がないと何もできないこのバカ息子と駆け落ちなんかして、一体なんになるというのか。

 

どうせ連れ戻されたら、

 

「この淫乱女が俺を唆したんだ!」

 

かわいい顔に顔射してやろう

 

とかいって、私に罪を着せようとするだろう。

 

やんわり断ろうと、口を開きかけたとき、ハゲオヤジが部屋に飛び込んできて、

 

「いつの間に、この部屋の鍵を盗み出したんだ!この女は俺の性奴隷だ。お前はおこぼれをもらってる立場なんだぞ。少しはわきまえろ!」

 

バカ息子を殴って、部屋の鍵を取り上げると、たたき出してしまった。

 

二人きりになると、ハゲオヤジは下卑た笑いを浮かべて、

 

「うちのバカ息子にいやらしいことをされなかったか?」

 

私の体をじろじろと舐めまわすようにみつめる。

 

 

かわいい顔に顔射してやろう-2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット