誕生日はフェラチオ用ローション

MENU

誕生日はフェラチオ用ローション

大人のおもちゃ屋さんの通販サイトを眺めているうちに、フェラチオ用のローションっていうのをみつけた。

 

もうすぐ俊介の誕生日が近いから、なんとなく、買ってしまった。

 

私はフェラチオが苦手。

 

どうも下手みたいで、フェラチオしても俊介が感じてくれないから。

 

反応がないと、フェラチオしてても、つまんないよね。

 

なんか、むなしいっていうか。

 

俊介の誕生日、いつもよりちょっと豪華なディナーを食べて、プレゼントを渡して、おしゃれなラブホテルに行った。

 

私も俊介も高級ホテルより、ラブホテルの方が好き。

 

だって、内装だけならラブホテルもけっこうゴージャスだし、なんかハデにあえいだり汚しても、オッケーって感じがするし。

 

テレビをつけるとAVがみられて興奮するのも、プラスポイントのひとつ。

 

今日は俊介の誕生日だから、私がご奉仕することにした。

 

俊介はにやにやしながら、裸でベットに大の字に寝そべる。

 

ちょっとは期待してくれているのか、ちんぽが勃起しておなかにつきそうになっていた。

 

私は用意していたフェラチオ用のローションをちんぽと玉袋にたっぷりとたらす。

 

「なにこれ?ローション?本格的だね。」

 

俊介は嬉しそうで、ちんぽも筋が浮いてみえるくらい硬くなっていた。

 

ローションでぬるぬるになったちんぽを手でそっとつかむ。

 

つるんとすべりそうなちんぽを手でなでまわしているうちに、ちょっと楽しくなってきた。

 

するんするんと両手でうなぎをつかまえるように、上下にゆっくりとしごく。

 

「・・・気持ちいいよ・・・なんかいつもと全然違う。」

 

たまにもらす俊介のあえぎ声に興奮して、私はもっと俊介を気持ちよくしてあげたいって思った。

 

亀頭の先っちょにキスするように唇をつけて、口の中に含む。

 

サオを指でなぞるようにして、裏筋をくすぐる。

 

カリ首を舌でちろちろしながら、亀頭を吸った。

 

誕生日はフェラチオ用ローション

 

「ちょっ・・・お前、浮気した?」

 

俊介が体を起こして、私を睨んでいる。

 

インターネットでフェラチオのやり方を調べてみたけど、他の男の人に試したりはしてない。

 

「浮気なんてしてないよ。」

 

ちんぽをつかんだままで、私がちょっとムッとしながらいうと、俊介は信じてくれたようだ。

 

「悪い。あんまり急に、フェラチオが上手くなったもんだから、つい・・・。」

 

「ローションのせいじゃないの?」

 

私は俊介のちんぽを一気に口の奥まで含んだ。

 

誕生日はフェラチオ用ローション

 

「んっ!」

 

俊介が体をのけぞらせた。

 

手でサオをしごきながら、口を上下に動かして、口の中で舌をちんぽに絡ませる。

 

カリ首とサオを舐めているうちに、ちんぽが一層硬くがちがちになった。

 

そろそろイきそうなのかなと思って、ちんぽを口から出す。

 

さらにローションをたらして、手だけでちんぽ全体をなでまわした。

 

「ヤバイよ・・・イっちまいそうだった。」

 

俊介はうっとりとした表情で、私を見上げた。

 

 

誕生日はフェラチオ用ローション-2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット