透明なピンク色のどろりとした液体-2

MENU

透明なピンク色のどろりとした液体-2

 

お兄ちゃんは一度唇を離して、私の顔を覗き込んだ。

 

「いやなんて、絶対にいわないよ。お兄ちゃんが大好きだもん。」

 

私が言い終わる前に、もう一度、唇が合わさって、今度はお兄ちゃんの舌が入ってきた。

 

透明なピンク色のどろりとした液体-2

 

ぬるっとした舌はまるでウニみたいで、不思議な感触がする。

 

お兄ちゃんのよだれと私のよだれが混じり合って、なんだかとてもエッチな感じ・・・。

 

お兄ちゃんは私をベットに押し倒すと、どんどん服を脱がせていった。

 

っていっても、キャミソールとブラジャー、ミニスカにパンティ、網タイツだから、すぐに裸になってしまう。

 

「いつもいやらしい格好で、無防備にしてるから、襲ってしまいそうでひやひやしてたよ。」

 

網タイツをていねいに脱がせながら、お兄ちゃんがつぶやく。

 

セクシー作戦は失敗じゃなかったんだと、ちょっと嬉しくなる。

 

全部服を脱がされて裸になると、すごく恥ずかしくて、両手で隠したくなった。

 

透明なピンク色のどろりとした液体-2

 

でも、お兄ちゃんに手を押さえられてしまって、おっぱいもおまんこも隠せなくなってしまった。

 

「きれいなのに、隠さなくていいだろ。」

 

お兄ちゃんは誰にも見られたことのなかった私の裸を舐めまわすように、じっとみている。

 

私は手を押さえられているだけなのに、どきどきしておまんこが濡れてしまっているのがわかった。

 

私の手を押さえていたお兄ちゃんの手が離れていって、おっぱいをそっと包み込んだ。

 

大きなお兄ちゃんの手に、私のおっぱいはすっぽりとおおわれてしまう。

 

心臓の音が聞こえるんじゃないかと思うくらい、どっくんどっくんいっている。

 

太い指で乳首をつままれて、指でこするようにいじられると、じわっとした気持ちよさが広がった。

 

お兄ちゃんの唇が近づいてきて、ちゅうっと乳首を咥えられる。

 

舌が乳首を舐めて、反対の乳首を指でこねられて、気持ちよくて、ヘンな声が出そうになる。

 

透明なピンク色のどろりとした液体-2

 

お兄ちゃんの手は私の足を大きく開いて、おまんこをむき出しにした。

 

「菜穂のおまんこ、もう濡れてるね・・・。」

 

指でおまんこをそっと撫でられているだけで、ぞくぞくとした気持ちよさを感じて、ますますおまんこが濡れていってしまう。

 

「ああ、菜穂は処女だよね?ローション使ったほうが痛くないかな。」

 

お兄ちゃんはさっきのビンを取り出して、私のおまんこにどろりとした液体をたっぷりとたらした。

 

透明なピンク色のどろりとした液体-2

 

冷たい・・・ぬるぬるする・・・。

 

お兄ちゃんの指がおまんこに入ってきて、痛さと気持ちよさで声がこらえきれなくなった。

 

私のあえぎ声に興奮したお兄ちゃんは、おちんぽにローションをたっぷりたらして、私のおまんこの中に入ってきた。

 

お兄ちゃんのおちんぽは大きかったから、おまんこが痛くてはりさけそうだったけど、お兄ちゃんに処女をあげられた喜びで、私はとても満足だった。

 

透明なピンク色のどろりとした液体-2

 

エッチが終わったあとで、冷静になった私は、ローションを誰に使っていたのかお兄ちゃんに問いつめたんだけど、私がいやらしい格好で遊びに来たのを送っていった後のオナニーに使っていたときいて、ほっとした。

 

今でもエッチのたびに、ローションを愛用しているけど、最近ではだいぶ慣れてきたから、ローションなしでも、お兄ちゃんのおちんぽを受け入れられそうなんだよね。

 

えへへ、菜穂、本当にオトナになっちゃった。

おすすめ無料サンプル動画

グチョにゅる大量ローションFUCK 咲野の花

 

 

ムチムチでブリンブリンな肉触感 春菜はな

 

 

素人お嬢さんが一般男性宅にお邪魔して挑戦 ヌルヌル泡泡ソープ体験

 

関連情報

オーガズムスポット