ローションで光ってて

MENU

ローションで光ってて

「このローション使って、ぬるぬる相撲しようぜ!」

 

亮がいきなり言い出したので、私と麻友はドン引きした。

 

いくら宅飲みが盛り上がっているからって、ローションとかぬるぬる相撲とかありえない。

 

なのに、他の男子二人はノリノリで、身の危険を感じた私と麻友は立ち上がって逃げ出そうとした。

 

「待てよ。君達が帰ったら、つまんないだろ。」

 

強い力で手を掴まれて、無理矢理に服を脱がされる。

 

ローションで光ってて

 

ブラジャーもはずされて、パンティ一枚になったところで、体の前面にローションをかけられた。

 

いそいそと全裸になった亮が、ちんぽを勃起させて、私に抱きついてくる。

 

麻友は他の二人の男子に体を押さえつけられて、強引に私達をみせられていた。

 

亮の手が私の体をがっちりと抱きしめて、ローションのぬるつきを愉しむように体を上下に動かしている。

 

勃起しているちんぽの感触がくすぐったくて、私は唇を噛んだ。

 

「ローションで光ってて、百合子ちゃんの体、いやらしいよ。乳首もこんなにエロエロ♪」

 

はしゃいだ口調の亮が、私の乳首をつまんだ。

 

ローションで光ってて

 

ローションでつるんとすべっては、またつままれて、気持ちよさで声が出そうになる。

 

「気持ちいいんでしょ。それとも、みんなにみられて、興奮してる?」

 

耳元でささやかれて、はっと我に返った。

 

「そんなわけないでしょ!もうやめてよ!」

 

私がもがくと亮はますます強い力で私の体を抱き締めて、パンティの脇から手を入れてきた。

 

「百合子ちゃんのおまんこ、ぬるぬるだよ?これでも感じてないって?」

 

「そんなの・・・ローションでしょ・・・。」

 

羞恥と屈辱で体がかあっと熱くなる。

 

「残念でしたぁっ!おまんこにはローション塗ってないから、このぬるぬるは百合子ちゃんの愛液ですぅ!」

 

亮が冷やかすようにいいながら、私のおまんこを指でぐりぐりと強くなぞった。

 

「麻友ちゃんも百合子ちゃんのいやらしい姿みて、興奮してるんじゃないの?」

 

「や、やだっ・・・お願い・・・許して・・・。」

 

振り返ると、麻友も服を脱がされて、体にローションをたらされていた。

 

ローションで光ってて

 

「よそみしてるなんて、余裕だね。そんなにみたいなら、みせてあげるよ。」

 

亮はフローリングの床に座り込むと、私の体を後ろから抱きかかえた。

 

あっという間にパンティを剥ぎ取られて、私も全裸にされてしまう。

 

足をがばっと大きく開かされて、恥ずかしくて閉じたいのに、亮の足で押さえられて、閉じられない。

 

「おっ・・・百合子ちゃんのおまんこ、ご開帳だな。」

 

「あっ・・・百合子・・・。」

 

麻友と麻友に群がっていた二人の男子が、私のおまんこをじっとみている。

 

「やだっ・・・恥ずかしい・・・みないでぇ・・・。」

 

 

ローションで光ってて-2>>

 

 

関連情報

オーガズムスポット