ローションでぬるぬる-2

MENU

ローションでぬるぬる逆レイプ-2

 

「や、やめてくださいってば・・・そんな・・・いけません・・・。」

 

まるで強姦・・・いや、ほとんど強姦・・・ていうか、女に強姦されてる俺って一体・・・。

 

情けなさで自己嫌悪に陥っているのに、俺のちんぽは勝手に気持ちよくなっていく。

 

理沙様のあたたかい口内に根元までゆっくりと含まれ、舌でらせん状に舐めてもらって、ぴくぴくと動いているちんぽは、久々の女性の体に興奮しきっていて、俺の理性を吹き飛ばそうとしている。

 

理沙様の細くて長いピアニストのような指が俺のちんぽをしごき、舌がちんぽに絡み付いて、唇がサオを輪のようにしめつけながら上下に動いて、俺はたちまち、射精寸前になってしまった。

 

ローションでぬるぬる-2

 

「はっ・・・くぅ・・・。」

 

俺が体をのけぞらせていると、理沙様は俺のちんぽから離れて、俺の足の上から降りてしまった。

 

射精間際に中断されたせいで、物足りなくてたまらない。

 

「射精したい?」

 

いたずらっぽい小悪魔的な笑顔を浮かべながら、理沙様が俺にきく。

 

「射精・・・したいです。」

 

射精直前まで追い込まれていたら、そう答えるしかないのは男の悲しいサガだと思う。

 

理沙様は俺の足をM字に開いて、玉袋をやさしくもみしだいた。

 

アリの門渡りも指先でつつっとなぞる。

 

ぞくぞくとした気持ちよさに震えていたら、アナルをつんつんとつつかれた。

 

「じゃ、ローションを使おうか。」

 

冷たいローションをおしりからシーツにたれるくらいにアナルにたらされ、指でくにくにとしわを伸ばすようにもまれる。

 

指にもたっぷりとローションをつけて、ちんぽをしごかれる。

 

ちょっとおさまりかけていた射精感がまた高まってきて、アナルから気がそれた途端に、アナルに指が入ってきた。

 

ものすごい異物感で鳥肌が立つ。

 

「い、痛いですって・・・やめてくださいよ・・・。」

 

指が抜かれたと思うと、ローションのボトルの口がアナルに直接くっつけられ、アナルの中にローションを注ぎ込まれた。

 

アナルは冷たくて気持ち悪いのに、ちんぽはものすごいテクニックでなでまわされていて、気持ちがいい。

 

また指が入ってきて、今度はアナルのずっと奥にまで入り込んだ。

 

くにっと中で指が曲がったと思うと、アナルがちょっと気持ちいいような気がした。

 

何度も何度も指が曲がるたびに、アナルの気持ちよさは増していき、射精感がこみあげてくる。

 

「なんですか?これ?」

 

ローションでぬるぬるしているちんぽを手でしごかれているのと、アナルを指でいじられている相乗効果で、射精寸前になっている俺は、混乱して理沙様をみつめた。

 

「前立腺マッサージってやつ。気持ちいいでしょ?」

 

射精寸前になると、両手を止められ、何度も何度もイく直前まで気持ちよくなって、俺は頭が真っ白になってきた。

 

「もうイかせてください・・・射精したくて、頭がおかしくなりそうです・・・。」

 

俺の懇願で、やっと射精するまで前立腺をいじってもらえた。

 

いつもより長くて深い快楽に、俺はぐったりとなってしまい、アナルにバイブを入れられかけてはじめて我にかえった。

 

ローションでぬるぬる-2

 

バイブと手コキとフェラチオで、その後、二回もイかされた俺は、両手をほどかれて置き去りにされ、強姦された女性の気持ちをかみしめながら眠りについたのだった。

おすすめ無料サンプル動画

グチョにゅる大量ローションFUCK 咲野の花

 

 

ムチムチでブリンブリンな肉触感 春菜はな

 

 

素人お嬢さんが一般男性宅にお邪魔して挑戦 ヌルヌル泡泡ソープ体験

 

関連情報

オーガズムスポット