MENU

隣室の美女を覗いてしまったら-2

静かになった室内には彼女の荒い息づかいだけが響いている。

 

「もう今日は満足したかい?」

 

「ご主人さまのペニスをアソコに入れてください・・・。」

 

「おもちゃじゃ満足できないのか。淫乱なコだね。」

 

「はい・・・。私は淫乱なM奴隷です。」

 

男の方に向き直った彼女は間違いなく、隣の住人の女性なのだが、そのうっとりとした恍惚の表情はまるで別人のように妖艶だった。

 

「じゃあ、私のペニスに奉仕しなさい。」

 

男が彼女の前に半立ちになったペニスを突き出すと、彼女は嬉しくてたまらないように、いとおしげにペニスに舌をはわせた。

 

隣室の美女を覗いてしまったら-2

 

根元から先端まで、先端から玉袋、蟻の門渡り、お尻の穴にいたるまで、ていねいに何度も舐めまくる。

 

まさに、M奴隷といった舐め方だった。

 

亀頭を咥え、舌を絡ませ、奥の奥まで咥えこむ。

 

じりじりとできるかぎりゆっくりと口から出し、また飲み込む。

 

何度も何度も。

 

一度でいいから、俺もあんなふうにフェラチオしてほしいものだと心から思った。

 

「もういいよ。どんな風にいれてほしい?」

 

彼女は名残惜しそうにペニスを口から出すと、ベットの上に寝そべった。

 

自分で自分の足を持って、大きく開き、

 

隣室の美女を覗いてしまったら-2

 

「正常位で高く足を持ち上げてください。」

 

「奥までペニスで突かれるのが好きだね。」

 

彼女は足を押さえている手をさらに伸ばして、自分のアソコを指で開く。

 

隣室の美女を覗いてしまったら-2

 

「ご主人様の大きくて太いペニス・・・早く入れてください。」

 

男がずぶっと勢いよく乱暴にペニスを挿入すると、彼女は悲鳴に似た嬌声をあげた。

 

隣室の美女を覗いてしまったら-2

 

「ああ・・・あん・・・あふぅ・・・。」

 

ペニスは一気に奥まで刺し貫かれ、ずちゅっずちゅっと乱暴に、出し入れされた。

 

「ああ・・・くう・・・ひいん・・・あん・・・。」

 

彼女が感じるにつれ、そのあえぎ声はいつもの猫の鳴き声のような動物じみたものになっていく。

 

男が彼女の足を高く上げ、ペニスが子宮にあたるくらい、ガンガン腰をふると、彼女の声は甘くひっきりなしに続いた。

 

彼女がびくびくとケイレンした後、男の動きがとまり、吐き出された白い精液のしたたりとともに、ペニスが引き出された。

 

隣室の美女を覗いてしまったら-2

 

おすすめ無料サンプル動画

女性専用ネットカフェ盗撮 敏感イキまくりオナニー

 

 

美少女厳選 花火大会仮設トイレハイビジョン高画質3カメ盗撮

 

 

我を忘れて絶叫でイキまくるビデオBOX盗撮オナニー4

 

関連情報

オーガズムスポット