強姦じゃなくて和姦-2

 

愛液で濡れたおまんこは、俺のちんぽをすんなりと受け入れた。

 

強姦じゃなくて和姦-2

 

脚を折り曲げるようにして、最奥を突いてやりながら、俺は唾液をたらして、裕子に飲ませてやろうとした。

 

あえぎ声を漏らしながらも、裕子は左右にいやいやと首を振って、俺の唾液を口に入れないようにしている。

 

だんだん、いらいらしてきたので、おまんこの奥までちんぽを突っ込んだまま、腰を振らずに、乳首を思いっきりしゃぶってやった。

 

ちんぽを動かさずに、乳首を交互に愛撫してやると、

 

「もうっ・・・いやぁっ・・・乳首ばっかり責めないで・・・早く動いて・・・。」

 

強姦じゃなくて和姦-2

 

耐え切れずにねだってきた。

 

「これからも俺とセックスするなら、ちんぽ動かしてやるよ。」

 

せっかく俺が親切にいってやってるのに、裕子ときたら、唇を噛みしめて、耐えてやがる。

 

「俺とはヤりたくないんだな。だったら、ちんぽ抜いちまうぞ。」

 

じりじりとちんぽを引き抜くと、引きとめるように膣壁が絡みついてくる。

 

ちゅぽんとおまんこからちんぽを抜くと、中途半端なところでやめられた裕子は、やっと素直になった。

 

「・・・します。これからも・・・直樹さんとセックスしますから・・・。」

 

「なら、俺の唾液を飲んでみせろよ。」

 

裕子の顔の上から、たっぷりと唾液をたらしてやると、今度はちゃんと口を開いて受けとめた。

 

ちゃんと俺の唾液を飲み下すのを確認してから、おまんこにちんぽを挿入してやる。

 

「これで裕子は俺の性奴隷だ。兄貴のちんぽより、俺のちんぽの方がよくなるように、しっかり躾けてやるからな!」

 

両足を肩に担ぎ上げて、ずんずん突いてやると、裕子はハデに喘ぎながら、おまんこを何度も収縮させた。

 

強姦じゃなくて和姦-2

 

「裕子、お前、ご主人様に断りなく、イったな!」

 

乳首をつまんでひねりあげてやると、裕子はひいひい泣きながら、謝ってきた。

 

「これからはご主人様の許可なしにイくなよ!」

 

俺もこれ以上はもちそうになかったので、ラストスパートをかけると、

 

「イきますぅ・・・またイっちゃいます・・・ああんっ・・・ご、ご主人様ぁ・・・。」

 

裕子がすがるように俺をみつめる。

 

「いいぞ!イけ!中出しされて、イっちまえ!」

 

俺が中出しすると、おまんこがひくんひくんと収縮を繰り返して、めちゃくちゃ気持ちよかった。

 

強姦じゃなくて和姦-2

 

念のため、強姦した後の写メを撮ったのが役に立って、裕子は俺の性奴隷になった。

 

従順な性奴隷がいるおかげで、俺の毎日は薔薇色だ。



トップへ戻る