目隠しからのソフトSM

MENU

目隠しからのソフトSM

彼女は尽くしてくれるタイプだ。

 

こうゆうコはたいていMだということを俺は知っているが、いきなりハードに責めると引かれてしまうので、ソフトSMから徐々にハードルを上げていくことにした。

 

「今日は目隠ししてみようよ。」

 

アイマスクを渡すと、アイはためらっていたが、素直につけてくれた。

 

目隠しからのソフトSM

 

ハダカにアイマスクをすると、無防備な感じでワクワクしてしまう。

 

俺はそっとアイをベットに寝かせると、両手をあげさせて、手枷をした。

 

「え?何?」

 

「身動きが取れないって、興奮しない?」

 

俺はアイの耳元でささやきながら、おっぱいを両手で愛撫した。

 

ゆっくりともみしだき、乳首をくりくりと刺激する。

 

「ん・・・やん・・・。」

 

手枷をベットに固定し、アイの両足をがばっと開く。

 

「ほら、いつもより濡れてるじゃん。」

 

あふれてきた愛液をワレメにそって、人差し指でぐりぐりとなぞると、

 

目隠しからのソフトSM

 

「んん・・・。」

 

と首をふる。

 

俺は拘束テープで、折り曲げた状態の足をヒザのところで固定し、M字開脚のようにした。

 

丸見えになったアソコからは次々に愛液が流れ出している。

 

用意しておいたローターをアソコとアナルに挿入した。

 

目隠しからのソフトSM

 

「な、何・・・?」

 

「大丈夫。すぐに気持ちよくなるからね。」

 

彼女の頭を優しく撫でながら、ローターのスイッチをオンにする。

 

ブブブブ・・・小さな音とともに、彼女の体がくねくねと動き始めた。

 

クリトリスには、舌でクンニされてるように感じるおもちゃを装着した。

 

「やだぁ・・・はずしてぇ・・・。」

 

抵抗する彼女の声は弱々しい。

 

さらに、乳首にはバイブ効果を与えるクリップをゆるめにはさむ。

 

「はあん・・・だめぇ・・・。」

 

彼女は体をのけぞらせて軽くイったようだ。

 

俺はアソコに入れていたローターを抜き、もっと太いいぼいぼのついた凶悪な感じのバイブを挿入した。

 

ぬれぬれのアソコはぶっといバイブをずぶぶぶと、いとも簡単に吸い込んでいく。

 

「んん・・・はあ・・・あ・・・。」

 

彼女はもう抵抗をやめて、素直に快楽を楽しんでいるようだ。

 

アソコが極太バイブを根元までくわえこんだところで、ゆっくりとまた引き抜く。

 

愛液をしたたらせたアソコは、バイブをひきとめるかのように、絡み付いてくる。

 

俺は彼女に挿入したときの快感を思い出して、ペニスを硬くした。

 

一度、バイブを完全に引き抜き、膣口のあたりをじわじわと刺激する。

 

目隠しからのソフトSM

 

彼女の腰は物足りなそうに、うごめいている。

 

つぷ・・・と、ちょっとバイブを挿入しただけで、ひくひくするアソコはもっと奥へと引き込んでいく。

 

再び、根元までバイブを飲み込んだところで、スイッチを入れた。

 

 

目隠しからのソフトSM-2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット