MENU

淫らなSMクラブ-2

 

視覚を遮られた分、感覚が敏感になって、いつもより乳首がじんじんしてくる。

 

「広美はすっかり淫乱なM奴隷になったね。縛られて目隠しされただけで、おまんこがこんなに濡れているよ。」

 

淫らなSMクラブ-2

 

ご主人様の指が、私のおまんこを上下につうっとなぞる。

 

私の全ての感覚は、おまんこに集中した。

 

指をちょっと動かされるだけで、たまらなく気持ちがいい。

 

もっと・・・もっと乱暴に、もっとぐちょぐちょにおまんこをいじってほしいと思ってしまう。

 

「ああっ・・・ご主人様ぁ・・・気持ちいいです・・・。」

 

ご主人様はおまんこをなでていた指を私の口の中に押し込んだ。

 

自分の愛液の味を味わいながら、舌で舐めて、ご主人様の指をキレイにする。

 

愛液は舐めとったけど、ご主人様の指は私のよだれでべたべたになった。

 

口からご主人様の指がなくなると、しばらくそのまま放置される。

 

今日はどんなことをしてもらえるのかと思うと、期待と緊張でどきどきと胸が高鳴る。

 

ご主人様は日によって、全然違うSMプレイをするから、これからされることの予想がつかない。

 

いいこで待っていたら、アナルにローションをぬられた。

 

ご主人様の指先がじわじわとアナルに入ってきて、ぐりぐりと回される。

 

淫らなSMクラブ-2

 

指が抜けていくと、代わりに浣腸器の先端がアナルに押し込まれた。

 

ぶにゅうっと生温かい浣腸液が、私の腸内に注ぎこまれる。

 

浣腸器がアナルから引き抜かれて、アナルプラグで栓をされた。

 

ぐるるるぅとおなかが鳴って、早くも解放を求めている。

 

ご主人様の手でおなかをやさしくなでられて、安心していたら、いきなりおまんこにちんぽを入れられた。

 

アナルプラグで狭くなっていたおまんこに、ご主人様のちんぽはキツくて、動かされるたびに、切なさと苦しさであえいでしまう。

 

おなかの中が全部出てしまいそう。

 

何もかも出してしまいたい・・・。

 

涙とよだれで顔をどろどろにしていたら、ご主人様がアナルプラグを抜いた。

 

私の意志とは無関係に、アナルから排泄物が噴きだす。

 

同時にご主人様がおまんこの中で中出しして、私は全身を痙攣させながら、イってしまった。

 

淫らなSMクラブ-2

 

また新しいSMの悦びを体に覚えこまされて、もう私、ノーマルには戻れそうもない。

おすすめ無料サンプル動画

エリート変態女-尿道電気責め・連続絶頂

 

 

アナルママ さらに拡張

 

 

エリート変態女 クリ刺突・乳首針フック・ラビアクリップ尿道乳首電気責め

 

関連情報

オーガズムスポット