乱交接待-2

MENU

乱交よだれ接待-2

俺は美奈子ちゃんの後ろにかがみ、美奈子ちゃんのアソコに手を伸ばした。

 

「あいかわらず、フェラチオすると、興奮してぬれちゃうみたいだね。」

 

人差し指と中指の腹でワレメをそっとなぞると、愛液があふれているのがよくわかる。

 

何度か指を往復させた後、じわじわと膣の中に中指をおしこんだ。

 

乱交よだれ接待-2

 

「うん・・・ふ・・・。」

 

感じながらもペニスをしゃぶっているらしく、くぐもったあえぎ声がきこえてくる。

 

「も・・・もう出そうだ!」

 

課長がせっぱつまった顔で叫ぶと、美奈子ちゃんのしゃぶる音が激しくなった。

 

ちゅ・・・ぐちゅ・・・。

 

「美奈子ちゃんはお口に出されるのが好きなんで、課長の精液を飲ませてあげてください。」

 

美奈子ちゃんのアソコに中指を出し入れしつつ、課長に声をかけると、

 

「イ、イく・・・。」

 

乱交よだれ接待-2

 

体をこわばらせて、美奈子ちゃんの口の中に射精してしまったようだ。

 

はあはあと荒い息を繰り返す課長に、美奈子ちゃんが、

 

「ごちそうさま。」

 

といって、口をぬぐった。

 

「まだ下のお口はペニスを食べてないみたいだね?」

 

美奈子ちゃんの中はまだキツい。

 

「そうなの。オジサマは今日はもうおしまい?」

 

やっと息が整ってきた課長は、

 

「もうちょっと時間をおけば、回復するよ。」

 

と答えた。

 

「じゃあ、美奈子ちゃんの受け入れ態勢を整えようか。」

 

美奈子ちゃんの中から指を抜き、課長の方にお尻が向くようによつんばいにさせた。

 

課長は後ろから、美奈子ちゃんのアソコにしゃぶりつき、口と舌で美奈子ちゃんを愛撫しはじめた。

 

「あ・・・オジサマ、気持ちいい・・・。」

 

俺は美奈子ちゃんの前に座って、両方の乳首を指で愛撫しながら、美奈子ちゃんの手でペニスをしごいてもらった。

 

課長は美奈子ちゃんの中に指を入れ、指を出し入れしながら、反対の手でクリトリスを刺激する。

 

「は・・・オジサマ・・・もうほしいの。オジサマのペニス、ちょうだい。」

 

課長は回復して立ち上がったペニスにゴムをつけて、美奈子ちゃんのアソコにあてがい、ぐっと奥まで突き刺した。

 

乱交よだれ接待-2

 

「ああん。おっきいの。オジサマのペニス、ステキ・・・。」

 

美奈子ちゃんは体をのけぞらせて、悦びの声をあげている。

 

ぐちゅ・・・ぐじゅ・・・。

 

課長が美奈子ちゃんのおしりに腰を打ち付けるたびに、いやらしい音が響く。

 

「ああ、美奈子、イっちゃう・・・。オジサマのペニスが奥にあたってるの。」

 

口の端からよだれをたらして、美奈子ちゃんはイってしまったらしい。

 

「うう・・・しまる・・・。」

 

課長の腰の動きが止まり、射精したようだ。

 

俺は接待の成功を確信した。

おすすめ無料サンプル動画

美脚黒ストッキングOL中出し乱交 〜仕事終わりにオフィスで乱交した思い出〜

 

 

ゴーゴーズ 人妻温泉忘年会 〜狂乱の宴2017〜 裏側全部見せます

 

 

すべてが初体験の夫婦交換SEX旅行で見られる快感に目覚め他人棒イキする巨乳妻たち

 

関連情報

オーガズムスポット