早く乱交はじめろよ-2

 

「おまんこをちゃんと慣らさないで入れたから、痛いんだろ。動かしてっていわれるまで、そのままガマンしとけ。」

 

おまんこにちんぽを入れられたまま、四本の手でおっぱいとクリトリスを責められて、アナルにまで指を入れられた。

 

おまんこからは愛液がどばどば出てて、膣壁もひくひくしてる。

 

「おまんこにちんぽ咥えこんでると、なんか感度いいよな。」

 

ちゅぷっと乳首をしゃぶりながら、きゅっとキツく反対の乳首をつままれて、私ははしたないあえぎ声をあげた。

 

早く乱交はじめろよ-2

 

「あんっ!やっ・・・あぅ・・・。」

 

「そろそろおまんこの中をちんぽでこすってほしくなったんじゃない?」

 

「動いてっておねだりしてくれないと、ずっとこのまま入れっぱなしにするよ。」

 

どくんっとおまんこの中のちんぽが一回り大きくなった気がした。

 

「ほら、意地はらないで、おねだりしてごらん。」

 

「もうダメ・・・動いて・・・おまんこずんずん突いて・・・。」

 

早く乱交はじめろよ-2

 

おねだりしたら、硬いちんぽがおまんこを激しくこすってくれた。

 

おまんこの奥にも当たって、すごく気持ちいい・・・。

 

「あっ・・・あんっ・・・イイっ・・・あぅんっ・・・。」

 

「気持ちいいよ・・・ちんぽ溶けそう・・・。」

 

私がイくと、おまんこの中のちんぽは精液をはじけさせた。

 

中出しされた衝撃で、おまんこが痙攣するようにひくついている。

 

「早く代われよ。いつまでおまんこ独占してんだ。」

 

ずるぅっと硬いままのちんぽが抜かれて、新しいちんぽがおまんこに挿入された。

 

さっきのよりちょっと細いけど長くて、すごく奥まで届く。

 

撮影してた男が勃起したちんぽを取り出して、私にフェラチオさせた。

 

早く乱交はじめろよ-2

 

なにこれ・・・大きすぎ・・・。

 

顎がダルくなるくらい大きなちんぽで、フェラチオしにくかった。

 

上下の口をちんぽでふさがれて、ハメ撮りされるなんて、AV女優みたい。

 

二人目の男は、意外と早く中出しして、私のおまんこからちんぽを抜いた。

 

いばっていたくせに、期待はずれ・・・。

 

フェラチオしてた口の中のちんぽが抜かれて、おまんこに挿入された。

 

太くて・・・大きい・・・。

 

先に二人のちんぽを入れられてなかったら、絶対に入らないような巨大サイズのちんぽがおまんこを限界まで拡げている。

 

気持ちいいけど・・・、苦しい。

 

私の口からよだれがぽたりとたれた。

 

最初におまんこに中出しした男が勃起したちんぽを口に突っ込んできた。

 

早く乱交はじめろよ-2

 

どうしよう・・・。

 

すごく気持ちよくなってきちゃった。

 

だんだん乱交を積極的に楽しみだした私は、気がついたら自分から腰を振って、男達を受け入れていた。



トップへ戻る