幹部と秘書達の乱交パーティー-2

幹部と秘書達の乱交パーティー-2

幹部と秘書達の乱交パーティー-2

 

京子がおまんこに俺のちんぽを咥えこむのをみながら、両手で京子のおっぱいを揉んだ。

 

「はぁっ・・・。おちんぽ全部入ったっ・・・。」

 

満足そうなため息をついた京子は、すぐに腰を振りはじめた。

 

幹部と秘書達の乱交パーティー-2

 

蛙のように足を曲げて、結合部を丸見えにして、角度を微妙に変えながら、俺のちんぽを愉しんでいる。

 

「専務・・・。私も混ぜてください。」

 

社長に中出しされたらしい裕美は太ももに白い精液をたらしたまま、俺にディープキスしてきた。

 

社長は一度射精すると、回復のためにちょっと休憩するので、ヒマになったらしい。

 

まだ精液を垂れ流しているおまんこをクンニするのはご免だったので、裕美のおまんこに指を入れて、手マンしてやった。

 

やや早漏気味の社長とのセックスに満足できなかったらしく、裕美は嬉しそうなあえぎ声をあげる。

 

幹部と秘書達の乱交パーティー-2

 

「そこ・・・気持ちいいです・・・あんっ・・・ぅんっ・・・。」

 

「ねえ、専務もおちんぽ動かしてぇっ。」

 

自分で腰を振るだけでは満足できなくなった京子が、切なそうにねだってきた。

 

「じゃあ、いくよ・・・。」

 

手マンしながら、腰を振ると、京子が派手なあえぎ声をあげながら、おまんこを締めつけた。

 

「いいっ・・・専務のおちんぽ・・・気持ちいい・・・。」

 

「いいなあ・・・私のおまんこにも入れてほしい・・・。」

 

手マンされている裕美が潤んだ瞳で俺の顔をみつめている。

 

「んっ・・・イくっ・・・イくぅっ!」

 

幹部と秘書達の乱交パーティー-2

 

一度イかせたものの、京子は俺が射精するまで満足しないので、俺は裕美のおまんこに入れる指を二本に増やした。

 

二人のあえぎ声がコーラスのように重なる。

 

「あっ・・・あんっ・・・いいっ・・・もっとぉっ。」

 

「ひっ・・・くぅんっ・・・はあっ・・・気持ちいいです・・・。」

 

乱交の興奮と気持ちよさで、射精感がこみ上げてきて、ガマンしきれなくなった。

 

「出るぞっ!」

 

俺は京子のおまんこの中に、たっぷりと中出しして、射精後の余韻を愉しんだ。

 

幹部と秘書達の乱交パーティー-2

 

「次は私のおまんこに入れてください。」

 

手マンされていた裕美が自分でおっぱいを揉みながら、順番待ちをしている。

 

俺としてはもっとゆっくりと乱交を楽しみたいのだが、社長と副社長に中途半端に火をつけられた体を俺で沈めようとする女達が群がってきて、いつも休むヒマもない。

 

まだひくついている京子のおまんこからちんぽを抜こうとすると、京子が不満そうな声をあげた。

 

全く、女ってのはわがままだ。



トップへ戻る