女性のベッドの上でオナニー-2

MENU

女性のベッドの上でオナニー-2

 

指と舌と唇が気持ちよすぎて、とても射精を堪えきれない。

 

あっという間に射精させられて、俺は呆然とした。

 

女性のベッドの上でオナニー-2

 

ごくりとのどを鳴らして、留奈が俺の精液を飲み干す。

 

よだれと精液で濡れた唇がいやらしい・・・。

 

よくみたら、社会人になった留奈は大人びてキレイになっていた。

 

おっぱいもなかなか大きいし、細い腰もむっちりとした太ももも、かなりそそる。

 

「まだ・・・勃起してますね。」

 

酔っているようなとろんとした目つきで、留奈が抱きついてきて、俺にキスした。

 

女性のベッドの上でオナニー-2

 

柔らかな唇に、甘い香り、どちらともなく舌を絡めると、俺の精液のものらしい青臭い味がする。

 

ちゅっ・・・ちゅっ・・・とキスしながら、留奈はパンティを脱いだ。

 

自分から俺の膝に跨り、片手をちんぽに添えて、おまんこの中に導こうとしたので、俺の方が焦った。

 

「ちょっと待って・・・ゴムつけないと!」

 

「女性の一人暮らしの部屋に、コンドームなんてありませんよ。大丈夫です。変態男の子供を孕むようなヘマはしませんから。」

 

俺を変態呼ばわりしたまま、留奈は俺のちんぽをおまんこに咥え込んだ。

 

女性のベッドの上でオナニー-2

 

「満足できなかったら、通報して強姦されたっていっちゃいますよ?」

 

小悪魔めいたいたずらっぽい笑顔をみせながら、留奈が腰を振り始める。

 

生ハメの上、こんなに積極的にされたら、一度射精しててもヤバいかも・・・。

 

俺は主導権を握るために、体勢を変えて、留奈をベッドに押し倒した。

 

「正常位が好きなんですか?」

 

まだまだ余裕そうな留奈の両足を肩に担ぎ上げて、おまんこの奥を何度も突く。

 

女性のベッドの上でオナニー-2

 

「んっ・・・直人先輩・・・変態のくせに・・・上手ですね・・・オナニーばっかりじゃないんだ・・・。」

 

「こんなにおまんこ濡らしておいて、・・・よくいうよ!」

 

俺がちんぽを動かす度に、濡れ濡れになった留奈のおまんこは、くちゅくちゅと音を立てる。

 

ちんぽに絡み付いてくる膣壁といい、留奈が俺とのセックスを愉しんでいるのは間違いない。

 

「忍び込んだのが俺じゃなくても、こうやって、セックスしてたんじゃないのか。おまんこが物欲しそうにひくひくしてるぞ。」

 

「そんなわけ・・・ないでしょっ!」

 

恥ずかしそうに赤くなった留奈の唇をキスで塞いだので、留奈がどっちを否定したのかわからなかった。

 

生ハメはすごく気持ちよくて、留奈が満足するまで射精を堪えきれる自信がなくなってくる。

 

女性のベッドの上でオナニー-2

 

あっ・・・またちんぽをしめつけてきた・・・。

 

俺は必死で射精を堪えながら、次第に留奈とのセックスに溺れていった。

おすすめ無料サンプル動画

早送りなし!即効ヌケる!自画撮りオナニー イク瞬間集100人

 

 

自画撮り愛液べっちょりオマ○コに激しく指をズボズボ!!大開脚エロポーズで痙攣イキ激情オナニー

 

 

夫以外の男に恥ずかしい姿を見られる想像をしながら何度も激イキする12人の自画撮り 淫乱人妻オナニー3

 

関連情報

オーガズムスポット