オナニーをみて興奮して-2

MENU

オナニーをみて興奮して-2

 

「そうよ。処女なんて、さっさと捨てちゃえばいいのにね。セックスの気持ちよさを知らないなんて、人生損してるわよ。」

 

「怖いんだもの・・・。」

 

呆れたようにいわれて、しゅんと目を伏せた純子先輩に、俺は妙に萌えてしまった。

 

「怖くないですよ。よかったら、さわってみてください。」

 

純子先輩の顔の前に、がちがちに勃起したままのちんぽを突き出すと、白くて細い指でそっとふれてくれた。

 

オナニーをみて興奮して-2

 

勢いでいってはみたものの、ホントにさわってくれるとは思わなかったので、ちんぽがびくんと上下に動いてしまう。

 

「あ、動いた・・・。」

 

「直人くん、気持ちいいんだー。さっき直人くんがオナニーしてたみたいに、しごいてあげなよ。」

 

興奮した様子の純子先輩は、いわれるままに、俺のちんぽをしごきはじめる。

 

ぎこちない動きがオナニーよりもずっと気持ちよくて、みるみる先走りがあふれだす。

 

「なんか・・・濡れてきた・・・。」

 

「純子の手コキに感じちゃってるのね。ちょっと舐めてみたら?」

 

純子先輩の舌が亀頭をちろっと舐めた瞬間、俺のちんぽはどぴゅっと精液を弾けさせてしまった。

 

オナニーをみて興奮して-2

 

「わぁっ!すみませんっ・・・ごめんなさい・・・顔射なんてするつもりじゃ・・・。」

 

射精の後、我に返った俺は、顔射してしまった純子先輩の顔を拭こうとティッシュを探した。

 

「断りなく顔射しちゃったんだから、自分がぶっかけた精液、舐めてきれいにしなさいよ。」

 

裕美先輩に命令されて、呆然としたままの純子先輩の顔にかかった自分の精液を舌で舐め取る。

 

俺の舌がふれるたびに、純子先輩はぴくんと動いて、体を震わせたので、俺は調子にのって、必要以上にエロく舌を動かして、首筋や鎖骨、唇まで舐めた。

 

「顔射のおわびに、クンニしてもらえば?」

 

裕美先輩が純子先輩のパンティを剥ぎ取り、脚を大きく開かせた。

 

オナニーをみて興奮して-2

 

俺のオナニーをみて興奮していたのか、純子先輩のおまんこは愛液があふれていて、クンニしているうちに、さらにびちょびちょになる。

 

「あんっ・・・ああっ・・・やんっ・・・おかしくなりそう・・・。」

 

オナニーをみて興奮して-2

 

「純子、気持ちいいでしょ?このまま、処女喪失しちゃう?」

 

俺としてはやる気満々で、すっかりちんぽを再勃起させていたんだけど、純子先輩が泣きながら首を振って拒否したので、クンニだけで終わってしまった。

 

裕美先輩は、約束通り、ちょっと巨乳をさわらせてくれただけで、純子先輩の代わりにヤらせてくれることもなく、あっさりと帰っていった。

 

この欲求不満はとてもオナニーなんかじゃ解消できそうもなかったので、俺は悔しさを噛みしめながら、風俗へと急いだ。

おすすめ無料サンプル動画

早送りなし!即効ヌケる!自画撮りオナニー イク瞬間集100人

 

 

自画撮り愛液べっちょりオマ○コに激しく指をズボズボ!!大開脚エロポーズで痙攣イキ激情オナニー

 

 

夫以外の男に恥ずかしい姿を見られる想像をしながら何度も激イキする12人の自画撮り 淫乱人妻オナニー3

 

関連情報

オーガズムスポット