花見に来たはずだったのに-2

MENU

花見に来たはずだったのに-2

 

「早紀ちゃん、いいコだねー。おまんこに濃いザーメン、いっぱい中出ししてあげるからね。」

 

私のおまんこにちんぽを入れたままだった先輩が、ついに中出しで果てた。

 

花見に来たはずだったのに-2

 

「ああっ・・・なんか、おなかの中でこぼれた・・・。」

 

「おなかじゃなくて、おまんこだよ。ほら、いってごらん。おまんこって。」

 

「お、おまんこ?早紀、おしっこもらしたの?お股から白いおしっこ出てきた・・・。」

 

酔っ払いすぎて、幼児退行をおこしてしまって、私はぐすぐすと泣き出した。

 

「これはおしっこじゃないから大丈夫。早紀ちゃんのおまんこが気持ちよくて、ちんぽの先からどぴゅっと出たんだよ。ほら、こうやったら・・・。」

 

私の目の前でちんぽをしごき出した先輩は、どぴゅっと精液を私の顔にぶっかけた。

 

花見に来たはずだったのに-2

 

顔射された私は嫌がりもせず、精液を舐めてみた。

 

「苦いよぉ・・・お薬みたい・・・。」

 

「早紀ちゃん、今度はお兄ちゃんのおひざにおいで。」

 

「こっちにおいでよ。いっぱい気持ちよくしてあげるから。」

 

私は次から次へと先輩達の膝に乗せられて、おまんこに生でちんぽを咥え込まされていた。

 

「ねっ、早紀ちゃん、おまんこ、どんな感じ?気持ちいい?感じる?」

 

「んっ・・・うんっ・・・気持ちいいよ・・・きゅんきゅんするの・・・。」

 

中出しされた精液でどろどろになったおまんこは、ようやく快感を感じ始めていて、私は自分から積極的に腰を振って、気持ちよさを愉しんだ。

 

花見に来たはずだったのに-2

 

「アナルにこのチーズかまぼこ、入れてみようか?」

 

私が上になって、座位のような格好で、おまんこにちんぽをずぼずぼしてたら、アナルにチーズかまぼこを押し込まれた。

 

「やだぁっ・・・抜いて・・・抜いてよぉ・・・。」

 

「アナルから白いしっぽが生えているみたいでかわいいよ。いや、白いうんちかな?」

 

「いや!いやぁんっ!ダメぇ・・・。」

 

「ああ、もう我慢できねえ。アナルに突っ込んでいい?」

 

アナルから生えていたチーズかまぼこが抜かれて、何倍もの太さの勃起ちんぽがムリヤリ入ってくる。

 

花見に来たはずだったのに-2

 

「痛いよぉっ・・・いや・・・お願い・・・許してぇ・・・。」

 

「泣いてると、妙にむらむらしてくるよな。体はオトナなのに、心は子供みたいな感じで、もっといじめたくなる。」

 

「俺、思いっきり、イマラチオしたい・・・。」

 

強引にアナルにちんぽを入れられて、アナルは切れて裂けてしまった。

 

痛がって泣く姿が、先輩達の嗜虐心に火をつけてしまったらしく、ほとんど輪姦まがいに、激しく犯されて、嫌がる口にもちんぽを突っ込まれた。

 

花見に来たはずだったのに-2

 

イマラチオされて、えずいても、かまわずにのどの奥までちんぽの先で突かれたので、私はついに吐いてしまう。

 

「やりすぎだろ・・・。」

 

「ああ、そろそろお開きだな。なんかしらけたし。」

 

それをきっかけに、野外露出での破廉恥な行為はやっと終わった。

おすすめ無料サンプル動画

露出ゲリラスペシャル4

 

 

ナチュラルハイ10周年記念 〜過激露出作品集〜+撮り下ろし

 

 

露出 at nagoya 三井えり

 

関連情報

オーガズムスポット