猫耳コスプレお口にミルク-2

MENU

猫耳コスプレお口にミルク-2

よつんばいになって、お尻をつきだし、ふるふると震えている猫耳姿の陽子はぞくぞくするほどかわいい。

 

「猫なんだから、にゃあって鳴かないと?」

 

手を伸ばして、両方の乳首を指でぎゅっとつまむと、目を見開いた陽子が、

 

猫耳コスプレお口にミルク-2

 

「に、にゃあ。」

 

と鳴いた。

 

「そうそう。」

 

乳首をつまんだまま、指の腹でこすると、

 

「に、に、にゃあ・・・あん・・・。」

 

とあえぐ。

 

俺は陽子を仰向けにして、アナルに刺さった尻尾バイブをずぼずぼと動かした。

 

「にゃあん・・・いにゃあ・・・。」

 

一番奥に入れたところで、手をとめ、愛液があふれ出しているアソコをちろちろと猫がミルクを舐めるようにていねいに舐めた。

 

猫耳コスプレお口にミルク-2

 

「あ・・・にゃ・・・あああ・・・なん・・・。」

 

奥の方まで舌を差し込み、れろれろと舐めながら、クリトリスを指でいじると、鳴き声はいっそう激しくなった。
「にゃ・・・にゃあん・・・ああん・・・。」

 

濡れて愛液がたれながされているアソコに中指を入れると、簡単に飲み込んでいき、根元までずっぷりと咥えこんだ。

 

指先だけ、上下に動かして、最奥を刺激し、膣壁をこするように抜き出す。

 

「にゃ、にゃん・・・あっ・・・。」

 

ぐちぐちと中指を出し入れしながら、クリトリスをツメで軽く引っかくようにすると、陽子はのけぞって、アソコをキツくしめつけた。

 

「イっちゃったのかにゃ?」

 

陽子の真っ赤になった顔をみると、こくこくとうなずいた。

 

「下のお口にミルクをあげる前に、上のお口にあげようかな?」

 

陽子の唇に先走りのこぼれるペニスを押し付けると、陽子は舌を出してペロペロと舐めはじめた。

 

猫耳コスプレお口にミルク-2

 

手は猫足手袋をしているので、使えない。

 

口に咥えては、舌を一生懸命からませている。

 

俺は自分の手でサオをしごきながら、陽子のはしたない姿をながめた。

 

「ミルク、いくよー。」

 

どぴゅっと飛び出した俺のミルクは陽子の口からはずれ、顔にかかってしまった。

 

猫耳コスプレお口にミルク-2

 

顔射した俺はあわてて、陽子にキスをしてごまかした。

 

自分の精液の青臭いニオイが気持ち悪いが、顔射をごまかすためにはしかたがない。

 

ちゅくちゅくと舌をからめて、顔に飛び散った精液も舌で舐めとった。

 

とろんとした目の陽子はどうやら顔射を怒っていないようでほっとした。

 

ついでに、乳首をちゅばちゅばと吸い、れろれろと舌で舐めまわした。

 

猫耳コスプレお口にミルク-2

 

「にゃ・・・にゃあ・・・。」

 

陽子が猫足手袋をはめた両手で俺の頭を押さえる。

 

ペニスが回復したところで、ベットに腰かけ、陽子に声をかけた。

 

「自分でミルクをもらいにおいで。」

 

陽子はのろのろと立ち上がり、俺のひざの上にまたがると、腰を上げて、アソコに俺のペニスを飲み込みはじめた。

 

猫耳コスプレお口にミルク-2

 

ぐぷっと陽子のアソコが俺のペニスを包み込むと、陽子のアソコの気持ちよさのほかに、アナルに入ったバイブの振動が俺のペニスを愛撫した。

 

俺は夢中で腰を振り、陽子のアソコの最奥に、二回目でちょっと薄くなったミルクを注ぎ込んだのだった。

 

おすすめ無料サンプル動画

うしじまいい肉プロデュース アイドル原石 宅コスレイヤー 土屋あさみ

 

 

小悪魔メイドに顔騎クンニを強要されオマ○コにしゃぶりつく僕。突然、彼女は僕のビンビン勃起チ○ポをしごき、聖水オシッコをかけてきて辛抱たまらず大暴発!!

 

 

つぼみのコスプレ大全集 8時間

 

関連情報

オーガズムスポット