猫耳コスプレお口にミルク

MENU

猫耳コスプレお口にミルク

「今日は面白いものを買ってきたよ。」

 

陽子の部屋に着くなり、俺は大きな紙袋を開いた。

 

「何なに?」

 

嬉しそうな陽子の顔は、俺が袋から取り出したものをみると、呆れ顔になった。

 

袋から取り出されたのは、猫耳ヘアバンド、猫の尻尾つきバイブ、猫の足型靴下、猫の足型手袋だった。

 

「じゃあーん。」

 

ウキウキしながら、テーブルの上に並べる俺を陽子は冷ややかな目でみつめている。

 

「ねえ、それ、誰が使うの?」

 

「陽子ちゃんに決まってるじゃん。」

 

陽子は眉をしかめて、首をふった。

 

「いやよ!」

 

「陽子ちゃんさあ、俺に借りがあるよね?拒否権はないよ。」

 

にこにこしながらいうと、陽子はぐっとつまった。

 

たいした借りじゃないけど、義理がたい陽子にとっては大きな弱みだ。

 

「わかったわよ!」

 

陽子は勢いよく服を脱ぎ、猫になった。

 

猫耳コスプレお口にミルク

 

全裸に猫耳ヘアバンド、猫の足型の手袋と靴下をはめている陽子はやたらといやらしい。

 

「じゃあ、尻尾つけてあげるね〜。」

 

猫の尻尾つきバイブをもって陽子に近寄ると、陽子がおびえながら、俺にきいた。

 

「それ・・・どこに入れるの?」

 

「もちろん、お尻だよ。じゃないと、尻尾にならないでしょ。」

 

俺はローションを指にたっぷりと塗り、アナルに人差し指と中指を入れた。

 

猫耳コスプレお口にミルク

 

「いやあ・・・やだ・・・ねえ・・・やめてぇ・・・。」

 

「大丈夫だよ。痛くしないから。」

 

ぐりんと何度か指をまわして、お尻の穴を広げたところで指を抜き、ローションのボトルの口をお尻の穴に入れた。

 

「いや、いや・・・。」

 

陽子は首をふっているが、猫耳、猫手袋に猫靴下姿で、よつんばいになって、首を振っている姿はこのまま、つっこんでしまいたくなるくらいかわいい。

 

ぐちゅっとたっぷりお尻の穴にローションをそそぎこみ、同じくローションをたらしたバイブつき猫の尻尾を陽子に入れていく。

 

細いバイブは陽子のお尻の穴をゆるゆると広げて、飲み込まれていく。

 

根元まですっぽりと咥えこむと、本当にお尻から尻尾が生えているかのようになった。

 

猫耳コスプレお口にミルク

 

「尻尾ができたよ。すっごいかわいい。」

 

目の端に涙を浮かべている陽子の顔を覗き込んで、猫耳のヘアバンドをした頭をなでると、陽子はきっと僕をにらみ、

 

「しらない!」

 

と怒りをあらわにした。

 

「ごめん。スイッチを入れ忘れてたね。」

 

お尻に入ったバイブのスイッチを入れると、陽子はのけぞり、驚いた表情になった。

 

「や・・・やだ・・・止めて・・・。」

 

 

猫耳コスプレお口にミルク-2 >>

 

 

関連情報

オーガズムスポット