白い着物の巫女さんとエッチ

MENU

白い着物の巫女さんとエッチ

巫女コスプレっていうと、かなりマニアックなようだが、巫女姿の女性をキライだという男性はまずいないだろう。
巫女の神聖で冒しがたい姿をあえて犯すっていうタブー感がたまらない。

 

今、目の前にいる江里子は、豊満なおっぱいを白い着物に包み、赤い袴をつけている。

 

白い着物の巫女さんとエッチ

 

足にはもちろん、白い足袋だ。

 

背中まである黒い髪は、巫女姿にぴったりとあっていて、色白の顔に赤い口紅が唇を彩っている。

 

「し、写真撮っていい?」

 

「誰にもみせないなら、いいよ。」

 

江里子は頬を染めながら、デジカメの前で微笑んだ。

 

友達にみせて自慢したいという気持ちと、俺だけのものとして隠しておきたいという気持ちが同じくらいふくらんだ。

 

ついでにいうなら、俺の股間もとっくにふくらんでいる。

 

和風の美人の江里子にいつかは巫女コスプレをしてほしいと願っていたが、バレンタインのオプションとしてその願いは叶えられた。

 

「すごいかわいいよ!」

 

興奮気味の俺に、江里子はちょっととまどっている。

 

「そ、そう・・・?喜んでもらえたのなら、嬉しいけど・・・。」

 

「嬉しい、嬉しい!」

 

江里子をぎゅっと抱きしめ、赤い唇に吸い付く。

 

ちゅく・・・くちゅ・・・。

 

舌を絡めて、ちゅっと吸う。

 

ちろちろと歯の裏や歯の並びを舌でなぞる。

 

江里子の口から飲み込みきれなかったよだれがあふれ出す頃には、江里子の体は力が抜けて、ぐにゃぐにゃになっていた。

 

後ろから江里子にくっつき、脇のスリットが入っている部分から、手をさしこんで、たわわな生乳をつかむ。

 

白い着物の巫女さんとエッチ

 

「あっ・・・。」

 

「けっこう和服っていやらしいよね。」

 

耳元でささやきながら、おっぱいの感触を手で味わう。

 

すぐに立ち上がる乳首を指でつまむと、江里子の呼吸が荒くなってきた。

 

「はあ・・立ってるの・・・つらい・・・よ・・・。」

 

名残惜しいおっぱいから手をはなし、江里子をベットに押し倒した。

 

着物の合わせ目をぐいっと押し開くと、ぽろんとおっぱいが飛び出す。

 

白い着物の巫女さんとエッチ

 

ピンク色のかわいらしい乳首にしゃぶりつき、ちゅるちゅると吸いながら、赤い袴の上からアソコをなぞる。

 

「んん・・・ああ・・・あん・・・。」

 

おっぱいは愛撫しやすいが、袴の上からだと、下半身は愛撫しづらい。

 

もったいないが、赤い袴は脱がすことにした。

 

結ばれていた紐をほどき、ゆっくりと袴を足から抜く。

 

前のはだけた白い着物と白い足袋だけでも、かなりいやらしくて、俺は興奮した。

 

白いパンティの上から鼻をおしつけ、ぐりぐりと縦に動かす。

 

白い着物の巫女さんとエッチ

 

「や・・・くすぐったいよ・・・。」

 

江里子の愛液のニオイと湿り気が鼻から伝わり、ペニスにエネルギーを充填する。

 

 

白い着物の巫女さんとエッチ-2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット