癖になるメイドコスプレで発射

MENU

癖になるメイドコスプレで発射

彼女の美枝と俺の部屋で二人きりになると、俺はいそいそとメイド服を取り出す。

 

「またそれ着るの?」

 

呆れたように美枝はいうが、にっこりと笑ってうなずくと、それ以上の文句はいわない。

 

美枝のセミロングの黒髪に、紺色のメイド服がよく似合う。

 

癖になるメイドコスプレで発射

 

本当にこんなメイドさんがいそうなくらい正統派のメイド姿だ。

 

白いエプロンと白いヘアキャップがますます萌える。

 

しかも、メガネつきだ。

 

美枝は着替え終わると、狭いキッチンに立ち、紅茶を入れてきてくれた。

 

メイド姿で上品に紅茶を飲む美枝は、ちょっぴり頬を染めて、俺の方をみた。

 

「何?」

 

じぃっとみつめていた俺は美枝の後ろにぴったりくっついて座り、おっぱいを両手でわしづかんだ。

 

メイド服ごしに、やわらかなおっぱいの感触が手になじむ。

 

「ノーブラだね。」

 

「ん・・・。あなたがブラつけるなっていうからでしょ。」

 

美枝は体をよじって、俺の手をかわそうとする。

 

「かわいいよ。」

 

首筋にちゅっちゅっとキスをして、メイド服を押し上げている乳首を指でつかんでぐりぐりと愛撫していると、美枝はおとなしくなった。

 

「ねえ、もうガマンできないよ。」

 

わざと耳元に息を吹き込むようにささやくと、美枝はぶるっと体を震わせた。

 

癖になるメイドコスプレで発射

 

エプロンとスカートをまくり、白いパンティの上からアソコのワレメを指で強くなぞる。

 

「しめってるよ。」

 

パンティの湿り気はなぞられるたびに、広がっていき、美枝の息も荒くなってきた。

 

パンティの脇から指を入れて、直接、アソコをいじる。

 

癖になるメイドコスプレで発射

 

パンティごしにじらされていたアソコからは愛液がにじみ出ていて、指が動くたびにちゅぷちゅぷといういやらしい音をたてた。

 

美枝は目を閉じて、俺によりかかっている。

 

「きこえる?えっちな音がするよ。」

 

「やだぁ・・・。」

 

耳元でささやくと、足を閉じて、俺の手をしめつけた。

 

「足、開かないと、気持ちよくできないよ?」

 

しめつけられながらも、メイド服の上から、乳首を指ではじき、アソコをなぞる指を小刻みに動かすと、美枝がおずおずと足を開いた。

 

「イイコだね。」

 

窮屈な指の動きを自由にするため、パンティの脇から指を抜き、パンティを下ろした。

 

美枝の足をM字に開いて支え、姿見の前に連れて行く。

 

癖になるメイドコスプレで発射

 

「ほら。淫乱なメイドのアソコから、えっちなお汁が流れてるよ。」

 

鏡にはM字に足を開かれて、アソコを丸出しにしたメイド姿の美枝の姿が映っている。

 

「いや。やだ。恥ずかしいよ・・・。」

 

美枝は目を閉じて、イヤイヤをする。

 

「ご主人様って呼んで、ご奉仕してくれたら、止めるよ?」

 

耳元できくと、美枝は目を閉じたまま、叫んだ。

 

「するよ!するから、おろしてぇ!」

 

俺は美枝を下ろして、下半身裸になって、ベットに腰かけた。

 

「はい、どーぞ。」

 

「もう・・・。」

 

美枝は涙目で俺をにらみ、俺の脚の間にひざまずいた。

 

俺のペニスの根元に両手を添え、ゆっくりと口に含む。

 

あたかかくてやわらかい美枝の口内につつまれたペニスは気持ちよさに脈打った。

 

 

癖になるメイドコスプレで発射-2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット