復讐のアナルレイプ

MENU

復讐のアナルレイプ

散々貢がされた早紀子に無残に振られたとき、俺の復讐心に火がついた。

 

付き合っていたのだから、何度かセックスはしたが、いつも早紀子に気を使うセックスだった。

 

こうなったら、早紀子をレイプしてやる。

 

しかも、ただのレイプではなく、アナルをレイプしてやるのだ。

 

早紀子はお高くとまっているせいか、性経験も実はそれほど豊富ではなさそうだったから、アナルは処女に違いない。

 

復讐のアナルレイプ

 

ゴミのように捨てた男にアナルを犯されたら、早紀子はショックだろう。

 

しかも、俺とのセックスでイったことがなかったと吐き捨てたあの女にアナルセックスで感じさせるという屈辱を与えてやる。

 

俺はこっそり作っておいた合鍵で早紀子の部屋に入り込み、早紀子が帰ってくるのを待った。

 

帰ってきた早紀子は隠れている俺に気づかず、冷蔵庫にあった俺が誘淫剤を入れておいたお茶をごくごくと飲んだ。

 

テレビを見ていた早紀子は、15分もすると、息が荒くなり、顔も紅潮しはじめた。

 

ころあいと見た俺は早紀子の前に姿を現した。

 

「!良太!アンタ、何勝手に人の部屋に入ってんのよ!?」

 

怒りくるって騒いでみても、男女の力の差は圧倒的だ。

 

後ろ手に手枷をはめられて、猿ぐつわをされた早紀子は悔しげに俺をにらみつけている。

 

復讐のアナルレイプ

 

俺は早紀子の下半身を裸にし、M字開脚させてロープで固定した。

 

アソコからアナルまで丸出しにした姿は今までの早紀子からは想像もできない。

 

「いい格好だな。記念撮影しておこうか。」

 

写メを何枚かとり、アソコを指でなぞった。

 

誘淫剤の効果でそこはぬれぬれになっていたが、自分がそんなものを飲まされたとは思っていない早紀子には、まるでこの状況で興奮しているように思えるだろう。

 

「実は、SM好きだったんだね。」

 

軽蔑したようにいうと、早紀子は首を左右に振って否定する。

 

「俺とのセックスでイけなかったのは、責めがたりなかったからじゃないかなあ?」

 

ずぶずぶとアソコに指を埋め込みながら、クリトリスをつまんでやる。

 

くぐもったあえぎ声がきこえた。

 

膣壁を軽くこするように指を出し入れすると、アソコがひくひくわななきはじめ、早紀子が感じているのがよくわかった。

 

俺はかばんからバイブをとりだし、アソコにゆっくりと挿入した。

 

復讐のアナルレイプ

 

スイッチを入れて、早紀子に快楽を与えておいて、浣腸の用意をする。

 

素人目にもわかるような典型的な注射器型の浣腸器を早紀子にみせつけるように、アナルに差し込む。

 

もごもごいっているのは、「イヤ」とか「やめて」とかいっているのだろう。

 

ちゅうっと浣腸液をアナルに流し込むと、早紀子は目を閉じてぶるぶると震えた。

 

拡張器を兼ねた太めのアナル栓をして、早紀子を眺める。

 

苦しそうな表情の早紀子はすがるような目で俺をみる。

 

俺はお風呂場から洗面器をとってきて、早紀子の前に置く。

 

足を固定していたロープをほどいてやり、

 

「自分で洗面器にしなよ。」

 

というと、信じられないという顔で首を振っていたが、浣腸液の力には敵わなかったらしく、自分から洗面器の上にかがみこんだ。

 

アナル栓をぐりぐりと動かすと、苦しそうにあごをあげて耐えている。

 

栓を抜いてやると、すぐに大量のウンコと浣腸液がとびだした。

 

 

復讐のアナルレイプ-2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット