アナルで感じるタイプ-2

MENU

アナルで感じるタイプ-2

 

まるでアナルのしわを一本一本広げるように、じわじわとアナルを押し広げてる。

 

「はぁ・・・キツ・・・こりゃ、俺も苦しいわ。」

 

弘之は休み休み、アナルの奥にちんぽを押し込む。

 

アナルで感じるタイプ-2

 

私は圧迫感と気持ちよさで、何もいえなかった。

 

なるべくアナルの力を抜くように、はあーっと息を吐いてリラックスを心がける。

 

ずんっとおなかに衝撃が走った。

 

「うしっ。やっとアナルにちんぽが全部入ったぞー。」

 

まるで口元までちんぽが突き刺さっているみたいな感覚。

 

おまんこでするセックスとは全然違う。

 

ほんのちょっとの隙間もないくらいに、ちんぽとアナルが密着してて。

 

とろけそうなくらい弘之と一体化してるみたい。

 

弘之がほんの少し、腰を引いた。

 

アナルで感じるタイプ-2

 

「いやぁ!お願い・・・動かないでぇ・・・。」

 

ちょっとの刺激なのに、体全体に響き渡るくらい強烈な快感。

 

私の中身が全部、引きずり出されちゃいそう。

 

「あ?ああ・・・。わかったよ。」

 

弘之は私が痛いんだって誤解してくれて、アナルにちんぽを入れたまま、じっとしててくれた。

 

やがて、ちんぽの大きさに柔軟なアナルが慣れ始めると、腸壁が勝手にひくつきだした。

 

「なんだよこれ!?おまんこみたい・・・。」

 

アナルや腸壁は排泄物を体の外へ出そうとがんばってくれていたのかもしれないけど、その動きはまるで、弘之のちんぽを体の奥へ誘い込もうとしてるみたいだった。

 

弘之がゆっくりとちんぽを動かし始めた。

 

気持ちいい・・・意識が飛びそうなくらい・・・すごくいい・・・。

 

アナルで感じるタイプ-2

 

「ああっ・・・はぅ・・・はひぃん・・・。」

 

私は今まであげたこともないようなみだらな声で、あえぎまくった。

 

自分のあげているはしたない声に興奮して、ますます気持ちよくなる。

 

興奮していたのは、弘之も同じだったみたいで、ちんぽの出し入れと弘之の呼吸がどんどん激しくなっていった。

 

アナルをちんぽでえぐられるたびに、私は悦びの声をあげた。

 

アナルセックスがこんなに気持ちいいなら、どうして、もっと早くやらなかったのかな・・・。

 

セックスでイくときの何倍もの快感が私を襲っていた。

 

ようやく私のアナルに弘之が射精した頃には、私ののどは枯れ果てていて、二人とも身動きできないほど疲れきっていた。

 

アナルで感じるタイプ-2

 

あまりの激しいアナルセックスに、私は痔になってしまった。

 

でも、アナルセックスの気持ちよさはもう忘れられないから、これからもアナルセックスを続けてしまうと思う。

 

痔を恐れないなら、あなたも一度、どう?

おすすめ無料サンプル動画

完全人格否定 〜潮吹きアナル調教〜

 

 

アナル拡張術

 

 

超接写!! ズボズボ! アナルアクメ5

 

関連情報

オーガズムスポット