アナル開発、くせになりそう

MENU

アナル開発、くせになりそう

私の彼氏は変態だ。

 

どのくらい変態かというと、付き合って三ヶ月の彼女に浣腸をしたがるような変態だ。

 

もちろん、私は人前でウンコなんてしたことがないし、浣腸した後に、アナルセックスが続くことくらい知っている。

 

涙ぐみながら、抵抗する私に彼は、

 

「だって、アナルは処女でしょ?沙耶ちゃんの処女がほしいんだ!」

 

などとわけのわからないことを言い出す。

 

そんな彼にかなり惚れてしまっている私は、

 

「どうしてもダメ?」

 

としょんぼりされると、イヤだといえない。

 

「はじめてだから、あんまりたくさんは入れないからね!」

 

アナル開発、くせになりそう

 

にこにこしながら、お風呂場でお辞儀をしたかっこうになった私のアナルに浣腸器を差し込む彼はいきいきとしている。

 

普通ならありえないアナルに液体が入ってくる感触にぞわっとする。

 

ぐにぐにとアナルに栓をされて、彼の前に立つ。

 

「ぎゅるぎゅるいってるねー。」

 

嬉しそうに私のおなかをなでる彼の表情は楽しくてたまらないという喜びがあふれていて、私は怒るに怒れなかった。

 

「やだ・・・もうトイレ行きたいよ・・・。」

 

「洗面器じゃダメ?」

 

無邪気にきいてくる彼に断固とした口調で叫んだ。

 

「ダメ!絶対イヤ!!!」

 

彼は残念そうに私をお姫様だっこすると、トイレに連れて行ってくれた。

 

洋式トイレに座らされた私は彼をにらみつける。

 

「でてってぇ!早くぅ!」

 

彼はしぶしぶトイレのドアを閉めた。

 

彼がドアの前にいるのはわかっていたから、レバーをまわして水音をさせながら、アナルをふさいでいた栓を抜いた。

 

ぶちゅうううう・・・。

 

自分でもびっくりするくらい大量のウンコが出てきて、こんなのをみられなくて済んだことにほっとする。

 

ウォシュレットでお尻をキレイにして、トイレから出ると、彼がいそいそとよってきた。

 

「ベットに行こう。」

 

ベットに腰かけると、彼はバックから次々と道具をだしてきた。

 

「コレがアナルパールで、コレがアナルプッチのひも付き。こっちがアナル用のバイブの細いやつ。コレが俺と同じくらいのバイブ。コレはアソコにも使えるやつ。もちろん、ローションもたっぷりあるから安心して。」

 

私はあんぐりと口を開けたまま、閉じられなくなった。

 

「やっぱり、はじめてはコレかなあ?」

 

彼がローションとアナルパールを持って近づいてくる。

 

「はーい。仰向けで足を開いてね。」

 

どうせ抵抗しても無駄なのがわかっているから、素直に言われたとおりにする。

 

「ちょっと冷たいよー。」

 

アナル開発、くせになりそう

 

アナルにローションが入ってくる。

 

ひんやりとしたローションはすぐに、私の熱に温められてしまう。

 

ぐぐっとアナルパールが入ってきた。

 

 

アナル開発、くせになりそう-2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット