アナルで感じるタイプ

MENU

アナルで感じるタイプ

彼氏の弘之とアナルセックスをするようになったのは、私が風邪で寝込んだのがきっかけ。

 

弘之がお見舞いに来てくれて、

 

「座薬をさしてやるよ。」

 

っていいだしてたの。

 

もちろん、恥ずかしいし嫌がったけど、熱でダルい体ではそんなに抵抗できなくて、むりやりアナルに座薬を入れられちゃった。

 

アナルで感じるタイプ

 

弘之ったら、必要以上にアナルの奥に座薬を押し込んだんだ。

 

熱と興奮のせいで、はあはあと荒い息を吐いている私をベットに寝かせて、弘之は帰っていったんだけど。

 

それからお互い、アナルに目覚めちゃったんだよね。

 

風邪が治った私とセックスするときに、弘之はローションを持ってきてた。

 

おまんこよりもアナルばっかり、しつこく指でいじられて。

 

ローションがたっぷり塗られているから痛くはないけど、ヘンな感じ。

 

気持ちいいけど、ヘンな感じ。

 

このまま、感じちゃったら、私ってアナルで感じる変態になっちゃう。

 

アナルで感じるタイプ

 

アナルに入っている弘之の指はどんどん増えて、三本もアナルに入れられると、もうアナルがはちきれちゃいそう。

 

いじられているのはアナルなのに、なぜかおまんこからだらだらと愛液がたれちゃってるし。

 

「美和はアナルで感じるタイプみたいだな。この間、座薬をさしてるときもうっとりしてたし。」

 

気持ちいいから、違うっていえないよぉ。

 

「もうバイブも簡単に入っちゃうな。」

 

指の代わりに、アナルにバイブが入れられても、痛くなかった。

 

ブィーーーーンっていう振動が、アナルからおまんこに伝わって、気持ちいい。

 

今日はアナルセックスされちゃうのかなって思ったら、おまんこにちんぽを入れられた。

 

アナルで感じるタイプ

 

「すごいな!薄皮一枚でアナルのバイブの感触がわかるよ。」

 

アナルのバイブの振動が弘之のちんぽも気持ちよくしてるみたい。

 

「ちんぽ動かさなくても、気持ちいい。」

 

弘之はおまんこにちんぽを入れたきり、動いてくれない。

 

確かに、気持ちいいけど、気持ちいいけど、物足りない・・・。

 

「動いてよぉ・・・。」

 

恥ずかしいのを我慢して、弘之におねだりしても、弘之は聞こえないフリをする。

 

「バイブの音できこえないよ?何?」

 

「だから・・・、動いて・・・。」

 

弘之はちんぽじゃなくて、アナルに入っているバイブを手で出し入れした。

 

「違・・・ぅんんっ!ああっ・・・やぁ・・・。」

 

信じられないくらい、気持ちいい・・・。

 

アナルで感じるタイプ

 

バイブがアナルを出入りするだけなのに、ぞくぞくするほど気持ちいい。

 

「マジで、アナルが好きなんだな。」

 

私があまりにも感じまくっているので、弘之があきれている。

 

恥ずかしいけど、気持ちいいから、どうしようもないの。

 

「仕方がないから、アナルにちんぽ入れてやるよ。」

 

なんでそんなに恩着せがましいのよ!

 

ムカついたけど、バイブを抜かれたアナルがさみしくて、うずいちゃって、口ごたえできない。

 

ローションでぬりゅぬりゅになったちんぽが、ゆっくりとアナルに入ってきた。

 

 

 

>>アナルで感じるタイプ-2>>

関連情報

オーガズムスポット