オナニーの手伝いなんて-2

MENU

オナニーの手伝いなんて-2

 

フェラチオはよく褒められていたので、自信がありました。

 

「くぅ・・・知佳ちゃん、フェラチオ上手いね。お姉ちゃんより上手かも。」

 

オナニーの手伝いなんて-2

 

そんなことより、早くイってほしい・・・。

 

いつお姉ちゃんやお父さんやお母さんが起きてくるかわかりません。

 

私はちんぽをフェラチオしている姿なんて、誰にもみられたくなかったんです。

 

今まで気持ちいいっていわれたことのある技を駆使して、和也さんを早くイかせようとしてました。

 

「そんなにしたら、すぐにイっちゃうよ・・・。もっと愉しませてよ。」

 

能天気なことをいう和也さんに、ものすごく腹が立ちました。

 

和也さんのいうことなんて無視して、リズミカルにサオをしごきながら、ちんぽを咥えた口をすぼめて、上下に動かして・・・。

 

オナニーの手伝いなんて-2

 

口の中のちんぽがすごく硬くなったから、もうイくかも、と思ったら、

 

「あぶねー。イっちゃうとこだった。知佳ちゃん、プロ並みのフェラチオテクニックだね。」

 

いや、早くイけよ!

 

思わず、切れそうになりました。

 

ルックスが好みなだけに、ムカつくんです。

 

今度は、口と手でちんぽをしごくのに加えて、口の中のちんぽを上下左右に舌を動かして舐めてやりました。

 

舌が疲れるのであまりやりたくなかったんですけど、数々の男達を瞬殺してきた必殺技なんです。

 

「ううっ・・・イく・・・。」

 

口の中に青臭い精液が射精されました。

 

オナニーの手伝いなんて-2

 

口内発射されちゃった・・・。

 

私はテーブルの上のティッシュをとって、口の中の精液を吐き出しました。

 

「あ〜、せっかく口内発射したんだから、そのまま、飲んでくれればいいのに。」

 

確かに、好きな人の精液なら、

 

「ごっくんって飲んじゃいたい♪」

 

っていう気持ちにもなりますよ?

 

でも、なんでムリヤリフェラチオさせられて、ごっくんしなくちゃなんないわけ?

 

ていうか、別に、こんなやつ、普通に浮気して、それがバレてお姉ちゃんと別れてくれればよかったのに!

 

私は急いで洗面台に行って、念入りに歯をみがきました。

 

それからも、義兄の和也(もうよびすて)は、

 

「また知佳ちゃんのフェラチオテクニックを味わいたいな。」

 

とか、

 

「手コキでもいいからさ。」

 

オナニーの手伝いなんて-2

 

などといってきます。

 

もちろん、シカトです。

 

でも、もしも、フェラチオしたときの態度がもっと違うものだったら、今頃、家庭内不倫しちゃってかもしれません。

 

ちょっと残念のような、ほっとしたようなフクザツな気持ちです。

おすすめ無料サンプル動画

着衣のままで超ゆっくりフェラ

 

 

余韻フェラチオで連続発射 15人2連射30発 おそうじフェラともまた違う、次のステージへ向かうおしゃぶりが「余韻フェラ」

 

 

【フェラすぺ】ちんシャブ乙女倶楽部 ごっくんナース 中村日咲

 

関連情報

オーガズムスポット